ノートPCだけど17.3型!大画面だから動画鑑賞もテレワークも快適!

ノートPCだけど17.3型!大画面だから動画鑑賞もテレワークも快適!

ノートPCだけど17.3型!大画面だから動画鑑賞もテレワークも快適!の画像

自宅で使うPC、どんなものを使っていますか? 最近は設置スペースの問題もあり、自宅でもノートPCを選択する人が増えていますが、コンパクトさと画面のサイズはどうしたって相反するもの。ネット閲覧や動画を見るくらいなら問題なくても、テレワークの浸透で、自宅でのPC作業が増えてくれば、小さな画面の使いにくさは否めません。

ノートPCだって画面は大きい方がいい! それなら、富士通FMVシリーズの新作モデル、15型クラスのコンパクト筐体に17.3型ディスプレイを搭載した「LIFEBOOK NHシリーズ」(公式ストア販売価格:18万7680円〜)なんていかがでしょうか?

今回「LIFEBOOK NHシリーズ」として発売されたのは、「NH90/E2」(公式ストア販売価格:25万8280円〜)と、「NH75/E2」(同:18万6780円〜)の2機種。いずれも色鮮やかで視野角の広い17.3型フルHD液晶を搭載しています。

「17インチ超なんてうちには大きすぎる…」と思わず尻込みしそうになりますが、「LIFEBOOK NHシリーズ」では、左右約7.7mm幅の狭額ベゼルを採用したことで、従来の15.6型ワイド液晶モデルとほとんど変わらないコンパクトなサイズを実現。広いデスクトップで作業もラクラク、動画やゲームも没入感たっぷりに楽しめます。

もうひとつのポイントは最新CPUの搭載による快速動作。特に上位モデル「NH90/E2」では第10世代のIntel Core i7-10750H プロセッサーを搭載。またCPUに内蔵するIntel UHD Graphicsが高い描画性能を発揮し、動画編集など負荷の高い作業もラクラクこなせます。

さらにストレージには、Intel Optane メモリーによる高速アクセスが可能なSSDと、大容量HDDとを搭載するデュアル仕様を採用。高速起動と大容量データの保存を両立させています。

また、最新無線LAN企画であるWi-Fi 6にも対応。より速く安定した通信環境が実現できるから、大事なオンライン会議への参加も安心。4K・8Kの高画質動画や、レスポンスが命のオンラインゲームも思いっきり堪能できます。

一方の「NH75/E2」は、CPUにAMD Ryzen 5 4500Uモバイル・プロセッサーを採用したハイコストパフォーマンスモデル。従来比で約2.8倍という高速化によって、こちらもテレワークやオンライン授業などのリソースが必要な場面でも快適動作を約束してくれます。

またちょっとユニークなのが、PC本体を起動せずにディスプレイだけを出力先モニターとして使えるHDMI入力端子の搭載。ゲーム機やスマホを接続すれば、お気に入りの動画やゲームを17インチ超の大きな画面で楽しむこともできるし、会社から貸与された社用のノートPCをつなげば拡張デスクトップとして使うこともできるなど、さまざまな用途に活用できそうです。

 

>> 富士通「LIFEBOOK NHシリーズ」

[関連記事]
軽さと高性能は必須でしょ!テレワーク向きな最新ノートPC 5選?

高スペックで作業はサクサク!家ナカノートPCに最適な15.6型dynabook?

画面占有率88%!モバイル感を感じさせない大画面ノートPC?

文/&GP

関連記事(外部サイト)