突き抜けた急速充電性能!OPPOが発表した最新充電器が衝撃的

突き抜けた急速充電性能!OPPOが発表した最新充電器が衝撃的

突き抜けた急速充電性能!OPPOが発表した最新充電器が衝撃的の画像

去る7月15日、中国・広東省に本拠をおくデバイスメーカー・OPPOより、独自開発の急速充電技術を搭載したバッテリーチャージャーが発表されました。

それが「OPPO 125W flash charger」「OPPO 65W Air VOOC wireless charge」「OPPO 50W mini SuperVOOC charger」「OPPO 110W mini flash charger」の4製品。日本でのリリース予定や価格、また対応端末など詳細に関してはまだ発表されていませんが、これまでにない突き抜けた速さに注目が集まっています。

まずは今回の発表の主役、“業界最速”を目指して開発されたという「OPPO 125W flash charger」から。これは125W急速充電技術を搭載したバッテリーチャージャーで、インターフェイスはUSB Type-Cを採用。4000mAhバッテリーならたった5分間で41%まで(!)充電可能。最速20分間でフル充電できるなど、衝撃のスピードを実現しています。

最新の急速充電技術であるUSB PD(最大100W)、またOPPO現行最速の充電技術 “SuperVOOC(スーパーヴォーク)” などのさらに上を行くものですが、市場で普及が進んでいるUSB PD 65WやSuperVOOCなどとの互換性も確保。

また充電ステータスを監視する10個の温度センサーや、ヒューズ過電圧保護機能の搭載など、充電中の安全を確保するための機能も強化されているとのこと。

一方、ケーブルレスでのワイヤレス充電において高速化を目指したのが「OPPO 65W Air VOOC wireless charge」。こちらは65W AirVOOC対応のワイヤレスチャージャー。自社開発の分離型充電ポンプ技術と並列デュアルコイル設計の採用により、充電効率を大きく向上。

加えて周波数の干渉を抑えたことによって、より広い範囲でより確実なワイヤレス充電を実現。4000mAhバッテリーなら最速30分間でフル充電が可能とのこと。こちらも現在普及が進んでいるQi標準(最大15W)との互換性を持っています。

また、これらとはやや違った角度から進化を遂げたのが「OPPO 50W mini SuperVOOC charger」「OPPO 110W mini flash charger」の2製品。その名の通り、“小さくてもスピーディ” を目指したコンパクトなバッテリーチャージャーです。

「OPPO 50W mini SuperVOOC charger」は世界最小・最薄サイズを目指した50W対応チャージャーで、82.2×39mmで厚さ1cm強、重さ60gというコンパクトさ。

さらにこれをベースに開発されたのが「OPPO 110W mini flash charger」で、18W充電器相当の筐体サイズで110W対応を目指して改良を重ねたものとのこと。いつでもどこでも持ち歩ける薄型設計、このサイズなら常にポーチやポケットに入れっぱなしにしておけます。

超高速&超ミニサイズのバッテリーチャージャーがあれば、うっかり充電し忘れてもスキマ時間にサクッと充電。「充電しそびれた!」「充電器持ってくるの忘れた!」の悩みがなくなる日も、案外近いかもしれません。

>> OPPO

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆3万9800円で4眼カメラ搭載「OPPO Reno3 A」が“買い”な5つの理由?
◆OPPOやXiaomiも参入! auの5Gスマホは7機種から選べる!?
◆3万円台でけっこう満足感アリ! OPPO「Reno A」は買いか!??

関連記事(外部サイト)