たしかに!ポケトークって筆談にも使えるわ!

たしかに!ポケトークって筆談にも使えるわ!

たしかに!ポケトークって筆談にも使えるわ!の画像

音声翻訳機の国内シェアナンバーワンを誇る、ソースネクストの「ポケトーク」シリーズ。発言内容を即座に認識、テキスト化して翻訳してくれるのは、英語が苦手な人にとってはありがたい存在です。

でもよく考えたら、この「話した内容をそのままテキスト化」って、他の目的にも使えるんじゃない? そんな発想から生まれた新発想のAIボイス筆談機「ポケトークmimi(ミミ)」(2万9800円/税別)を紹介します。

「ポケトークmimi」は、耳の聞こえに自信のない高齢者や聴覚に障害のある人とのコミュニケーションをサポートしてくれる、筆談専用のIoTデバイス。話の内容をリアルタイムでテキスト変換、表示されたテキストを相手に見せれば、耳の聞こえにくい人ともスムーズな意思疎通ができるようになります。

これなら耳の遠い相手に大声で話さなくてすむし、逆に声の小さなお年寄りの話す言葉も意味を取り違えることなくきちんと受け取ることが可能。何度も言い直したり聞き直したりする煩わしさもないから、人前での会話も気になりません。

最大のポイントは、まさに「ポケトーク」シリーズの特徴でもある、音声から文字へのスピーディな変換にあります。ノイズキャンセル機能を搭載した高性能マイクとAIによる優れた音声認識エンジンが精度の高い文字変換を実現。通常の筆談のように文字を手書きする手間や、タイムラグがないので、互いに気兼ねすることなく会話が楽しめます。

本体そのものは通訳機「ポケトーク S Plus」をベースにしていますが、表示文字を大きめの教科書体フォントに変更するなど読みやすさや操作性にもしっかり配慮。文字背景にも紙のようなテクスチャ処理を施すなど、見た目の温かさにもこだわっています。

じつはこの「ポケトークmimi」、開発のきっかけになったのは「ポケトーク」を日本語から日本語への翻訳に設定することで、耳の聞こえにくい人とのコミュニケーションに活用しているというユーザーのリアルなエピソードだそう。特に、日常的なマスクの着用が必須となった今、口元が覆われたままでもスムーズな会話が楽しめるのは、誰にとってもうれしいですよね。

「買う前に一度試してみたい」という人のためにレンタルサービスも用意されています(月額1980円/税別)。気になる人は購入前に使い心地をレンタルで体験してみるのもいいかもしれません。

>> ソースネクスト「ポケトークmimi」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆画面の大きい「ポケトーク」なら“見る”のも“見せる”のも便利だよね?
◆トラブル続きのイタリア旅行で「ポケトークS」に助けられた話?
◆名刺サイズ&カメラ翻訳機能搭載!ポケトークがさらに進化したぞ!?

関連記事(外部サイト)