日常でも非常時でもあると安心な最新ポータブル電源5選

日常でも非常時でもあると安心な最新ポータブル電源5選

日常でも非常時でもあると安心な最新ポータブル電源5選の画像

夏から秋にかけては台風の季節です。近年は、毎年のように大型台風による被害が出ています。また日本は地震大国。いつ大きな地震が発生するかはわかりません。

そんな非常時に電気確保の手段として便利なのがポータブル電源です。モバイルバッテリーとは違い、コンセントが付いているため、USB給電できない機器でも使える点がメリットになります。

ただし、どんなものにでも給電できるわけではありません。容量が大きいに越したことはありませんが、チェックすべきポイントは「定格出力」。連続して出力できる電力のことで、W(ワット)で表します。例えば最大出力が400Wであっても定格出力が200Wなら、400Wが必要な機器は連続使用できません。

これから冬に向かって寒くなっていきます。冬の非常時に使いたいモノとなると暖房器具が思い浮かびますが、例えばセラミックファンヒーターの場合、弱でも600W程度の消費電力になります。こたつの場合は、一度温まれば強でも200W程度なのですが、温まるまでは600W程度必要です。ホットカーペットの場合は2畳用で300〜400W、1畳用で200〜300W。ノートPCならかなりのハイスペックでも65WあればOKということを考えると、やはり暖房器具は大きな電力が必要だということがわかります。これらを踏まえた上で選んでみるのもひとつです。

自宅に置いて非常用、またキャンプなどアウトドアでも活躍してくれるポータブル電源。スマホやPCといったデジタル機器であれば、長期間にわたって充電できる点はやはりメリットです。1台持っていれば安心につながります。

また普段から、近くにコンセントがない場所で延長コードではなくポータブル電源を使ってみたりするのもアリ。使っていれば残量が分かるので、いざという時の充電し忘れを防げます。

そんな日常から非常時、アウトドアでも活躍してくれるポータブル電源の最新モデルを定格出力&容量別に5つご紹介します。

 

【定格出力80W】まるでモバイルバッテリーのような小型モデル

容量は20000mAh(約74Wh)と大型モバイルバッテリーと変わらない「RP-PB054Pro」ですが、そこはポータブル電源らしくAC(コンセント)が付いています。定格出力が80Wなので、例えば45W必要なノートPCなら、バッテリーがカラでも1時間以上は使い続けられる計算になります。モバイルバッテリーと比べると少々かさばりますが、バッグに入れて持ち歩けるサイズなので、外でPCを使うという人にはあると助かるかもしれません。<端子>USB-A×1、USB-C×1、AC×1

>> 手持ちサイズなのにハイパワー!ノートPCへも給電できるぞ!

 
【定格出力100W】デジタル機器ならこれ1台あればOK

ハードカバーの書籍ぐらいのサイズ感の「RP-PB055」は、容量30000mAh(約111Wh)で定格出力100Wと、さらに大きくなります。さすがにここまでくると毎日の持ち歩きには厳しいかもしれませんが、各USBポートが急速充電に対応しているなど、スペックもかなりのもの。余裕を持ちたいけれど、大きいものは置き場所に困る、という人にはちょうどいいかもしれません。<端子>USB-A×2、USB-C×1、AC×1

>> どんどん便利に!PD、QC備えて30000mAhの大容量さってうれしいよね

 
【定格出力250W】ポータブル電源の中ではコンパクトサイズ

ポータブル電源というと大きくて重いというイメージですが、この「RP-PB187」は2.5kgと片手でも余裕で持てるサイズです。容量は70200mAh(約260Wh)とやはり大容量。さらにDC(直流)端子を入出力1つずつ備えています。これだけあると、非常時にも活躍してくれそうですね。ちなみにモバイルバッテリーやポータブル電源は、ほとんどの航空会社では160Wh未満でないと持ち込みできません(預け入れはそもそも不可。ご注意を。<端子>USB-A×3、USB-C×2、AC×2、DC(入力)×1、DC(出力)×1

>> 重すぎず大きすぎないポータブル電源だから使い勝手抜群!

 
【定格出力300W】リビングにも置いておけるデザイン

コロンとした丸みを帯びたポータブル電源では珍しいデザインの「PowerStudio」。容量は297Wh(約80000mAh)とどちらかというとコンパクトタイプですが、端子が豊富な点がポイントです。クルマにあるシガーソケットと同じ出力ポート(120W)が付いているので、車載用機器にも給電できます。<端子>USB-A×4、USB-C×1、AC×2、DC(入力)×1、DC(出力)×1、シガーソケット出力×1

>> レトロなラジオ?いえいえ、これポータブル電源なんですよ

 
【定格出力300W】これぞポータブル電源という大容量

重さ約5.85kgでサイズもそこそことなる「Yeti 500X(120V)Power Station」ですが、大きい分だけもちろん大容量。約505Wh(136000mAh)もあります。本体はアルミ製で、いかにもツール的な雰囲気ですが、その分、野外に持ち出してガンガン使いたくなりますよね。これぞ備えあれば憂いなしなポータブル電源です。<端子>USB-A×2、USB-C×2、AC×2、シガーソケット出力×1、DC6mmポート出力×1

>> そろそろポータブル電源でも…という人は搭載端子をチェックだ!

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆用途から選びたい+α機能付きモバイルバッテリー5選
◆備えはできてる?災害時に役立つ最新防災用品5選
◆アウトドアシーンで活躍するフィールド系ナイフ5選

関連記事(外部サイト)