Suicaも使えるガーミンを普段使いして日々の健康管理をしよう!

Suicaも使えるガーミンを普段使いして日々の健康管理をしよう!

Suicaも使えるガーミンを普段使いして日々の健康管理をしよう!の画像

GPS機器のパイオニアであり、今やスマートウォッチの定番ブランドのひとつとなったガーミンより、Suicaにも対応したスマートウォッチのエントリーモデル「VENU SQ(ヴェニュー エスキュー)」(2万4800円/税別)、「VENU SQ Music(ヴェニュー エスキュー ミュージック)」(2万8800円/税別)が発売となります。

多彩な健康管理機能は引き続き搭載しつつ、Suicaでの快適な決済にも対応。昨今は健康への意識もより高まっていますし、電子決済を導入する店舗も増えてきました。自転車通勤を始めた人なら、どうせならログも記録したい、なんて考えていた時期なんじゃないでしょうか。この機会にガーミンでスマートウォッチデビューしてみてはいかがでしょう!

エントリーモデルとはいえ十分な機能を搭載している「VENU SQ」。スマホとペアリングしてのメールや電話、SNSなどの各種通知機能はもちろんのこと、ガーミン自慢の多彩なヘルスケア&アクティビティログの機能を搭載。

健康管理、ヘルスケアモニタリングの機能としては、水中にも対応する光学式心拍計で捉えた心拍変動や、ストレスレベル、睡眠の質などのデータを総合的に捉え、身体的エネルギーの蓄積量を“Body Battery”という独自指標で数値化する機能を搭載。スコアが低い場合は休養を取る判断の目安になったりと、日々の体調管理に役立ちます。

その他、歩数や消費カロリー、睡眠、呼吸数、生理周期なども測定可能。数値は “Garmin Connect” のアプリによりグラフィカルに把握でき健康習慣の改善に強い味方となってくれます。

スポーツ機能としては、ランニング、サイクリング、筋トレ、ヨガ、水泳、ゴルフなどなど、20種類以上ものスポーツのアクティビティログに対応。独自のワークアウトを作成したり、アプリ内の “Garmin Coach” 機能により、ユーザーに適したトレーニングプランを指導したりなんて機能も搭載。

もちろん精度の高いGPSにも対応。スマホとペアリングしておけば、特定の活動中に事故を検知すると、登録してある緊急連絡先にアラートを送信してくれるという、まさかの際には命まで助けてくれるかもしれない機能も搭載。50mの防水性能も搭載していますよ。

Suica決済にも対応することで、ちょっとしたお出かけならお財布要らずで出かけられるように。お財布やスマホなどを持たず、なるべく身軽な装備でワークアウトに集中したい時なんかには最適な相棒です。

「VENU SQ Music」は、上記の機能に加えて、Spotify、Amazon Music、LINE Musicなどのストリーミングアプリにも対応するモデル。

バッテリーはスマートウォッチモードでは約6日間駆動、GPSモードでは約14時間、GPS+Musicモードでは約6時間とタフな性能を持ち、電池切れを気にせずアクティビティに集中できます。

シンプルなデザインは普段使いでも取り入れやすく万人におすすめ。発売はいずれも12月3日より。Suica付きガーミンで、日々の健康管理から週末のワークアウト、電車の乗り降りに買い物まで、と生活がより便利にアクティブになることでしょう。

>> GARMIN「Venu/v?voシリーズ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ベイダーとレイがモデルの2つのGARMIN、その名も「Legacy Saga」
◆GPS、Suica、音楽プレーヤー、各種センサー… 機能性が桁違いなGarminの本格ダイバーズ?
◆軍用機能?潮汐情報? Garminの新型「Instinct」でアウトドアマスターに!?

関連記事(外部サイト)