【Twitter】公式機能として実装された「返信を非表示にする」機能とは?相手にはバレる?

2019年7月から北米や日本でテストされてきたTwitterの新機能「返信を非表示にする機能」が、同年11月末からグローバルな公式機能として実装されました。一体どのような機能で、どういった際に有効なのでしょうか。

◆タイムライン上で特定のリプライを隠す機能

Twitterの新機能「返信を非表示にする機能」とは、ツイートへの返信ツイート(=リプライ)を、タイムライン上で非表示にするというもの。

最近は、悪口や嫌がらせ的な返信を絡ませる非常識者のおかげで、会話の雰囲気が悪くなったり、タイムラインを進めにくくなったりするケースが数多く見受けられます。「今のTwitterは昔と違って……」などという声も、よく耳にされるのではないでしょうか。

こうした返信を非表示にすることで、健全で楽しいTwitterの場を取り戻そう。そんな意図が、今回の新機能には盛り込まれているわけです。

近年、SNSの新機能といえば、何かしらのビッグデータ収集が目的、運営サイドの利便性を意図したものが多かったこともたしか。その意味では、久々に利用者目線の、ユーザーライクな新機能と言えるかもしれません。

◆Twitterで「返信を非表示」にする方法は?

使い方は簡単です。

(1)問題となる(非表示にしたい)ツイート(=返信/リプライ)を表示し、アカウント名&日付の右側にある下向きの「v」をタップ

(2)表示されたメニューから「返信を非表示にする」を選択

これだけで不快な返信がタイムラインから消えてくれます。

なお、返信の非表示を選ぶと、次の画面で“返信主をブロックするかどうか”も確認されます。もちろん強要ではありませんので、「キャンセル」すれば返信の非表示化だけが実行されます。

調子に乗ってポンポンとタップし続け、うっかりブロックまでしてしまわないようにご注意を。

◆非表示にした返信の再表示は可能?

非表示にした返信は隠されているだけで、消去されたわけではありません。再確認や復活も簡単です

非表示にした返信があるスレッドでは、元ツイートの右下に見慣れないアイコンが現れているはず。これをタップすれば、非表示になっている返信を見ることができます。

非表示化する際と同様、下向きの「v」からのメニュー表示の操作でもOK。「非表示にした返信を表示」という、ちょっと不思議な日本語の項目ができているはずなので、そちらをタップすれば確認できます。

返信の非表示をやめたい場合は、上記いずれかの方法で該当ツイートを表示させ、「v」メニューから「返信の非表示を解除」を選択。すると「このツイートに非表示の返信はありません」と表示され、非表示化する以前の状態に戻ります。

◆返信を非表示にする際の注意ポイントとは?

注意したいのは、非表示にしたことが、該当ツイートをつぶやいた相手にもわかってしまうこと。

投稿 【Twitter】公式機能として実装された「返信を非表示にする」機能とは?相手にはバレる?@niftyIT小ネタ帳 に最初に表示されました。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)