LINEの「OpenChat(オープンチャット)」とは?使い方を解説

LINEの「OpenChat(オープンチャット)」とは?使い方を解説

LINEのオープンチャット解説

LINEの「OpenChat(オープンチャット)」とは?使い方を解説

LINEの「OpenChat(オープンチャット)」とは?使い方を解説

LINEの「OpenChat(オープンチャット)」は、個人情報を守りながら不特定多数の人たちとの交流が楽しめる、グループトークとは一味違ったおしゃべりツールです。

ここではLINEをすでに始めている人に向けて、活用法を紹介していきます。

◆「OpenChat(オープンチャット)」とは

LINEアプリの「ホーム」画面からアクセスできるオープンチャットは、LINEのグループトーク機能を拡張した機能。

友だち追加している相手ではなく、不特定多数の人との交流が楽しめるチャットシステムです。

他愛ないおしゃべりはもちろんですが、関心事や問題を共有する人と語り合いたい、趣味の話題で盛り上がりたい、同世代の人としゃべりたい、特定の分野に精通した人に質問したい・助言をもらいたい、友だちに話せない悩みをぶちまけたい……など、気分や目的に合ったトークルームを探して参加できます。

 

◆「OpenChat(オープンチャット)」7つの特長

オープンチャットの特長を見ていきましょう。


(1)LINE IDを持っている人なら誰でも参加可能
LINEのIDを持っていれば登録や設定なしに参加が可能。必要なのは、参加するトークルームで使うニックネームを入力する作業だけ。ニックネームは任意に決めることができます。

 

(2)トークルームごとにプロフィールを設定できる
ニックネームやアイコンなどを参加する各トークルームで個別に設定が可能。友だちから見えるLINEアカウント自体のプロフィールは表示されないので、安心して不特定多数の人とのコミュニケーションを楽しめます。

 

(3)誰でもトークルームを作成できる
利用規約とポリシーを読んで同意するだけで、誰でも簡単にオープンチャットのトークルームを作成が可能です。トークルームは公開/非公開を設定できます。

 

(4)最大5,000人と話せる
ひとつのトークルームに参加可能な人数は最大5,000人。たくさんの人とコミュニケーションが楽しめます。

 

(5)画像や動画も投稿可能
1対1トークやグループトークと同じ要領で、画像や動画も投稿できます。

 

(6)URLやQRコードによる招待が可能
トークルームのURLやQRコードを使って、LINEの友だちやSNSの知り合い、ブログの読者などを招待可能です。

 

(7)参加してもLINEの友だちにはバレない
トークルームを作ったり、既存のトークルームに参加したりしても、LINEの友だちに知られることはありません。もちろん、ニックネームがバレる心配もありません。

続きは IT小ネタ帳

関連記事(外部サイト)