iPhone Xより入手困難? Apple本社だけで買える「Memory Card」で神経衰弱バトル(前編)

iPhone Xより入手困難? Apple本社だけで買える「Memory Card」で神経衰弱バトル(前編)

画像提供:マイナビニュース

●Apple製のカードゲーム
明けましておめでとうございます! 今回レポーターを務めるジャイアン鈴木です。正月といえば、家族、親せき、友人と「カルタ」などに興じるのが日本の伝統ですが、マイナビニュース編集部では「神経衰弱」をプレイすることになりました。正月早々、神経を衰弱させるなんてどうかしてる! と正直思いますが、編集部の意向にいちライターが文句をつけるわけにはいきません。生暖かく見守っていきましょう!

とは言え、ビジネス、デジタル、ライフ、エンタメとさまざまな最新ニュースを皆様にお届けしているマイナビニュース編集部が、神経衰弱にただのトランプを使うわけはありません。正月早々の記念すべきバトルに使用するのは、Apple特製「Memory Card」です。ドンドン! パフパフ! (正月的効果音)

○Memory Cardとは……

このMemory Cardは、マイナビニュース編集部取材班が2017年9月12日に開催されたAppleスペシャルイベントを取材した際に、(当時)1日だけ社外オープンしたApple Park(アップル・パーク)で入手したレアアイテム。これまでAppleが手掛けてきた製品のなかで代表的なプロダクトを、1製品ごとに2枚ずつ、合計48枚プリントしたカードです。神経衰弱ゲームは英語で「Memory」とも呼ぶため、それにちなんで「Memory Card」と名付けられていると思われます。

価格は10ドル。日本のApple Storeでは販売されておらず、オンラインストアから購入することもできません。しかし、Apple Parkで一般にも公開されている「ビジターセンター」を訪れれば購入できる……かもしれない、とのことでした(購入者談)。

○「Mac Fan」編集長もバトルに参戦

さて、参加者とルールを解説しましょう。マイナビニュース編集部から参加するのはPC担当の村田、Apple担当の稲葉、テクノロジー担当の杉浦、家電担当の瀬尾。そして特別ゲストとして、Apple専門誌「Mac Fan」の原編集長が参戦します。

ルールは神経衰弱の定番ルールを採用。よく混ぜたカードを裏返してテーブルの上に散りばめ、プレイヤーは2枚ずつカードをめくります。同じカードをめくった場合には自分のものにでき、さらにもう2枚カードをめくれます。お手付きは禁止。1番多くペアを揃えた人が勝者です。

一番手はじゃんけんで決定し、瀬尾、原、村田、杉浦、稲葉の順番でゲームを進めることになりました。それではゲームスタートっ!!

●最初にペアになったカードは!?
序盤、ゲームはいきなり停滞しました。なにせカードは48枚。トランプの神経衰弱であれば数字さえ合えばペアが成立しますが、Memory Cardでペアになるのは、絵柄が合った1枚だけ。そのため序盤は延々とカードがめくられていく展開となりました。「これ、1時間経っても終わらないのでは?」という泣き言が皆から洩れます。

膠着(こうちゃく)したまま3巡目。ここでMac Fan編集長の原がゲームの局面を大きく動かします。いきなりMac ProとAir Podsのペアカードをゲット!

「これは優勝だな。このゲーム、アップルを愛している人のほうが有利だよね」という編集長の発言に、ほかの参加者はぐうの音も出ません。役職的に出せないのかもしれません(特にApple担当稲葉氏)。

カードをめくりつつ、その製品のうんちくを語る余裕を見せる原編集長。ひとりAppleマニアがいると、この神経衰弱ゲームは盛り上がりますね!
○懐かしのプロダクトが続々登場

ある程度カードがめくられたことにより、ほかにもペアカードを的中させる者が現れます。杉浦が2ペア、瀬尾が1ペア、村田が1ペアを獲得し、徐々にテーブル上のカードが減っていき、カードがめくられたことにより候補も絞られてきました。

しかし、絶対王者のMac Fan編集長がさらに絶望的な引き離しにかかります。初代MacBook Air、Apple Pencil、Apple Case for iPhone 5C(懐かしい!)を連続的中。5ペアを獲得し、圧倒的マージンを確保します。村田は「さすが編集長です……」と早くも心が折れかかっています。しっかり!

Mac Fan編集長の独走を止める者は現れるのか? 会議室の中心でApple愛を叫ぶ者はほかにはいないのか? 気になる結果を刮目してお待ちください!

[後編に続きます]
(ジャイアン鈴木)

関連記事(外部サイト)