Apple、「HomePod」をついに発売 - スマートスピーカー関連ニュース一気読み(2018年1月)

●Alexa人気スキル、見方を変えると?
スマートスピーカー元年とも言われた2017年を終え、2018年も早々に市場の広がりを予感させる関連ニュースが流れてきています。それでは、2018年1月のスマートスピーカー関連ニュースを振り返ってみましょう。
○キャラクター人気かそれとも……Alexa人気スキルの裏側

1月18日、Amazonが2017年12月のAlexaスキル人気ランキングを発表しました。内訳を見ていくと、1位こそ「radiko.jp」ですが、2位に「ピカチュウトーク」、3位に「豆しば」、9位に初音ミクと会話できる「Hey MIKU!」と、ベスト10にキャラクター系のスキルが3つも入っているのが特徴です。

Amazonもこの事実に興味を持ったようで、プレスリリースには「日本人は、やっぱりキャラクター好き!?」という小見出しを付けていたほどですが、朝は交通情報や天気、夜はレシピやレストランの検索が上位に来る海外に比べると、まだ国内ではおしゃべりを楽しむ域から出ていない、という見方もできます。日本国内でスマートスピーカーが生活に根ざしたものになるまでは、まだまだかなりの時間がかかるのかもしれません。

「Amazon Alexa スキル」 2017年12月の人気ランキングを発表

○Cortanaの立場は? 各社のWindows 10 PCがAlexaを搭載

業界全体を俯瞰した時、1月の大きなトピックと言えるのが、複数のWindows 10搭載PCが、Amazon Alexaの採用を決めたというニュースです。これは年始のCES2018で発表されたもので、年内には「Alexa for PC」を搭載したWindows 10 PCが、各PCメーカーから登場する見込みとなっています。

おそらくこの手のニュースを追っている人であれば「あれ? MicrosoftのCortanaはどうなったの?」と疑問を持つことでしょう。Microsoftは独自の音声アシスタント「Cortana」をすでにWindows 10に搭載しており、過去にはAlexaとの相互乗り入れが発表されていますが、今回のニュースはCortanaからAlexaを呼び出すのではなく、Alexaを搭載して直接使えるようにしてしまおうという話です。これまで電話かメールでの問い合わせだったのが、サポートスタッフが客先に常駐するようになったイメージでしょうか。

これはMicrosoftを挟まずにAmazonとPCメーカーとの間で交渉が行われたと見られており、まだまだ実装まではひと波乱ある可能性もありますが、「Alexaを毎回Cortanaから呼び出す」というのはユーザからすると面倒という見方が多かっただけに、利便性だけを考えると歓迎すべき動きです。もしかすると年末には、ほとんどのWindows 10 PCが、Alexaに対応するようになっているかもしれません。

Amazonのデジタルアシスタント「Alexa」、Windows 10 PCにじわり浸透
Alexa for PC's @ Amazon.com

●音声操作できる「スマートディスプレイ」現る
○市場を獲得できるか、音声操作対応ディスプレイ

さらにCES2018ではもうひとつ、「スマートディスプレイ」なる耳慣れない製品が話題になりました。これは要するに画面付きのスマートスピーカーで、Google陣営がさかんにプッシュしていたことで、各社のニュースでも大きく取り上げられていました。

ディスプレイ搭載のスマートスピーカーと言えば、AmazonのEcho Show(日本未発売)が海外で大きな人気を集めており、今後さらにシェアを広げるとの見方があります。Googleはこれらの製品も参考にしつつ、Googleアシスタントに対応した画面付きのモデルをスマートディスプレイと名付け、各社から投入しようとしているというわけです。

CESではLenovoやLG、JBLなど各社のスマートディスプレイが参考出品されていましたが、すでに価格を発表している製品もあり、年内の早い時期にはリリースされるものと見られます。音声では伝えきれない情報を画面に表示する利便性や、タブレットと違って目的に特化しているが故の使いやすさが評価されれば、画面のない現行のスマートスピーカーを一気に脇に追いやる可能性もあり、今後の動向から目が離せません。

音声で操作できる「スマートディスプレイ」は次のトレンドになるか

○Alexa対応スマートスピーカーが無事発売、こちらも招待制

さて、この2018年1月に、もともとは2017年内発売とされていながら延期になったAlexa対応スマートスピーカーが、各社から登場しました。

ひとつはAnkerのAlexa対応スピーカー「Eufy Genie」で、もうひとつはオンキヨーの「P3(VC-PX30)」です。2017年内ギリギリに出荷されたハーマンインターナショナルの「Harman Kardon Allure」と合わせて、3社のAlexa対応スピーカーが日本国内で出荷されたことになります。

Anker、税込4,980円のAlexa対応スマートスピーカー「Eufy Genie」
スケルトンボディとLEDで発光するAmazon Alexa対応スピーカー
オンキヨー、Alexaスマートスピーカー「VC-PX30」を11月国内発売

純正に当たるAmazon Echoはいまもなお招待待ちのユーザが多く、それゆえ上記のいわば互換モデルに流れたユーザも少なくなかったようです。とはいえ、こちらもAmazon Echoと同じく招待制での販売で、Amazonや価格.comのレビューの件数を見る限り、それほど多くの数が出荷されるには至っていないようです。

ちなみにハーマンインターナショナルの「Harman Kardon Allure」は、CES2018でバッテリー搭載のポータブル版も新規に発表されています。

●Apple「HomePod」が2月に発売決定、日本での登場は?
○発売は2月9日、まずは3カ国で展開

もうひとつ、月末近くになって話題をさらったのが、発売が延期になっていたAppleのスマートスピーカー「HomePod」の発売日が、2月9日に決定したことです。当初は米国/英国/オーストラリアのみの販売となり、追ってフランス/ドイツでも発売予定とされています。

日本での発売は未定のままですが、各国の発売スケジュールを見る限り、今春の発売はなさそうで、どれだけ早くても初夏となると予想されます。多くのファンを持つAppleの製品であること、またiPhoneなどでユーザがすでに使い慣れたSiriを搭載し、かつApple Musicを利用できることもあって、発売されれば一定のシェアを獲得すると予想されます。2強となっているAmazon Echo、Google Homeにどれだけ迫ることができるでしょうか。

Apple、スマートスピーカー「HomePod」を米国などで2月9日に発売

○レオパレス21の一部物件、Amazon Echoによる家電操作に対応

このほか気になる動きとしては、レオパレス21の一部物件がAmazon Echoによる家電製品の操作に対応したというニュースがありました。これは同社の一部物件に採用されているスマートリモコン「LeoRemocon」と連携し、Amazon Echoから音声で家電製品をコントロールできるようになるというものです。

「LeoRemocon」はもともとAmazon Echo対応のスマートリモコン「iRemocon」のカスタム版とのことで、機能もそれらに準拠していると見られます。当初は照明のみのコントロールとなるようですが、今後さらにスマートロック「Leo Lock」への対応など、スマートホーム環境の整備が進むと見られます。

今回のレオパレス21の件では、スマートスピーカー自体はユーザが入手する必要がありますが、かつてブロードバンド黎明期に、ADSL対応を売りにした賃貸物件が多く出現したように、スマートホーム対応を売りにする物件が、一戸建てだけでなく賃貸でもトレンドになる可能性はありそうです。

レオパレス21の物件で「Amazon Echo」に連携した家電音声操作が可能に
(山口真弘)

関連記事(外部サイト)