常識を変える「ルンバ」新製品、ごみ自動収集など掃除のことを考えない時代へ

常識を変える「ルンバ」新製品、ごみ自動収集など掃除のことを考えない時代へ

アイロボットが「ルンバ」の新製品を発表

 アイロボットジャパンは2月19日、都内で会見を開き、ロボット掃除機ルンバの新たなフラグシップモデル「ルンバi7」を2月22日に、「ルンバi7+」を3月8日に発売すると発表した。
 発表会では、アイロボットジャパンの挽野元社長が挨拶に登壇し、「昨年は、グローバルだけでなく国内でも、過去最高の売り上げを達成することができた」と振り返り、「安全、安心、心地良いのが、これからの家電。掃除のことを考える必要がない時代をつくっていきたい。掃除の常識を変えていく」と展望した。
 今回の製品では、アイロボット独自の技術「iAdapt 3.0」ビジュアルローカリゼーションを搭載し、最大10の異なるフロアのマップが作成できる。ルンバ自身の正確な位置情報を把握し、掃除が終わった場所と掃除していない場所を記憶することで、家中を効率的に掃除する。
 キッチンやリビングなど、部屋の種類を記憶する機能も備え、ユーザー自身が設定した特定の部屋のみを掃除したり、曜日や時間ごとに掃除する範囲を調整したりが可能だ。
 AeroForce 3段階クリーニングシステムを搭載し、AeroVac搭載の600シリーズの10倍の吸引力と、髪の毛などが絡まりにくい2本のゴム製デュアルアクションブラシがごみを浮かせてパワフルに吸引。微細なほこりや花粉をフィルターで除去する。
 さらに、ルンバi7+にはルンバのダスト容器のごみを自動で収集する「クリーンベース」が付属する。掃除が完了するとルンバ本体のダスト容器のごみを吸い取り、クリーンベース内の密閉された紙パックにごみを自動で排出。ごみやほこりが空気中に逃げ込まないよう密閉する。紙パックには、ルンバのダスト容器30杯分のごみが入るので、数週間以上、掃除を気に掛ける必要がなくなる。充電ステーションも兼ねている。
 Wi-Fi対応で、スマートフォンの専用アプリやAIアシスタントと連携することで、外出先からでも操作できる。公式オンラインストアでの税別価格は、クリーンベースが付属するルンバi7+が12万9880円、ルンバi7が9万9880円。

関連記事(外部サイト)