ビックカメラ、ECでもMac・iPadのアップグレードプログラム受付開始

ビックカメラ、ECでもMac・iPadのアップグレードプログラム受付開始

ビックカメラ.comでも「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」の提供を開始

 ビックカメラは、店頭で提供していた「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」を、3月14日からインターネット通販サイト「ビックカメラ.com」でも提供する。
 同プログラムは、AppleのMac本体やiPad本体を対象とした無金利・残価設定クレジット。Apple製品の販売・修理・下取りが全て可能なビックカメラグループ独自のサービスとして、2017年2月に店頭でスタートした。
 利用すれば、商品購入時の本体価格から、2年後のローン終了時の推定買取額(据置金額)をあらかじめ差し引いた金額を分割で支払うことが可能で、初期費用や月々の支払額を抑えることができる。据置金額は、Macが本体価格の約35%、iPadが本体価格の約30%。また、延長保証(「AppleCare+ for Mac」「AppleCare+ for iPad」)をセットにしており、MacやiPadを初めて購入する人にも安心だ。
 例えば、13インチの「MacBook Air」(税込10万6693円)を同プログラムを利用して購入する場合、「AppleCare+」の2万3800円を合計したら税込13万2397円。24回払いで設定すると、据置金額の3万7000円を差し引いて、初回5697円でそれ以降は3900円となり、実質9万5397円の支払いになる。
 2年後に、ビックカメラグループ店内の買取カウンターへ下取りに出すことで、新しいMacやiPadへの買い替えがスムーズになる。なお、据置金額を支払ってそのまま使い続けることも、下取りに出すだけでプログラムの利用を終了することもできる。

関連記事(外部サイト)