BCN AWARD ヤマハがホームシアター部門で初の販売台数シェアトップに

BCN AWARD ヤマハがホームシアター部門で初の販売台数シェアトップに

ヤマハミュージックジャパン 野口直樹 AV・流通営業部 部長

 【BCN AWARD 2019・喜びの声】 BCNは1月18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、IT・デジタル家電の年間販売数量No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD 2019」を開催した。「ホームシアターシステム部門」のほか「スピーカーシステム部門」「AVアンプ部門」の3部門でシェアトップに輝いたヤマハミュージックジャパンの野口直樹 AV・流通営業部 部長に「喜びの声」を寄稿してもらった。
●ホームシアターシステム部門など3部門でNo.1になったヤマハ
 3部門での受賞、特にホームシアター部門で初の受賞を賜り、大変光栄に存じます。ひとえにご支持、ご支援賜りましたお客さま、販売店さまのお陰であると、心より感謝申し上げます。
 2019年4月に、ヤマハグループのお客さまへの約束としてブランドプロミス“Make Waves”を新たに制定し、個性、感性、創造性を発揮し、自ら一歩踏み出そうとするお客さまの勇気や情熱を後押しする存在でありたいと考えております。19年も引き続きご支援いただけるよう、お客さまの心に響く製品・サービスの提供を心がけてまいります。
※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1〜12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。

関連記事(外部サイト)