液晶ディスプレイ部門トップのアイ・オー・データ機器、19年はeスポーツ市場に注力

液晶ディスプレイ部門トップのアイ・オー・データ機器、19年はeスポーツ市場に注力

アイ・オー・データ機器 加藤光兼 執行役員 事業戦略本部 企画開発部 部長

 【BCN AWARD 2019・喜びの声】 BCNは1月18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、IT・デジタル家電の年間販売数量No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD 2019」を開催した。「液晶ディスプレイ部門」「記録型DVDドライブ部門」「メモリカード部門」「PLC部門」「デジタルチューナー部門」で5部門でシェアトップに輝いたアイ・オー・データ機器の加藤光兼 執行役員 事業戦略本部 企画開発部 部長に「喜びの声」を寄稿してもらった。
●液晶ディスプレイ部門でNo.1になったアイ・オー・データ機器
 液晶ディスプレイ部門をはじめとして、デジタルチューナー部門、記録型DVDドライブ部門、メモリーカード部門、PLC部門の5部門で受賞できたことは、お客さま、販売店さまのご支援の賜物と感謝しております。誠にありがとうございました。
 2019年は、昨今大きな盛り上がりを見せてるeスポーツ市場に向け、ゲーミングデバイスにも注力してまいります。ご好評いただいておりますゲーミングモニター、キャプチャデバイスに加え、新しいカテゴリでもゲーミングデバイスを投入していきます。また拡大するサイネージ市場を見据え、液晶ディスプレイの大型化も進めてまいります。
 今後もお客さまの声を聞きながら、真摯なものづくりに取り組み、皆さまにより安心して選んでいただける商品やサービスを提供してまいりますので、2019年も引き続きよろしくお願い申し上げます。
※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1〜12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。

関連記事(外部サイト)