歩み着実ウエスタンデジタル、HDD内蔵部門で5年連続受賞

歩み着実ウエスタンデジタル、HDD内蔵部門で5年連続受賞

ウエスタンデジタルジャパンのラリー スウィージー代表取締役

 【BCN AWARD 2019・喜びの声】 BCNは1月18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、IT・デジタル家電の年間販売数量No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD 2019」を開催した。集計対象期間は2018年1月1日〜12月31日。5年連続で「ハードディスクドライブ内蔵部門」で43.9%を占め、シェアトップに輝いたウエスタンデジタルジャパンのラリー スウィージー代表取締役 ジャパンセールス バイス プレジデントに「喜びの声」を寄稿してもらった。
●他のカテゴリーの製品での受賞も目指したい
 5年連続の受賞、大変光栄に存じます。これも販売店さまやお客さまのご愛顧とご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
 ウエスタンデジタルは、ストレージソリューションの総合プロバイダーとして今回受賞したHDD製品をはじめ、フラッシュメモリー製品およびストレージシステムまで幅広い製品を提供して、データ社会が発展する環境を創造し、かつてない多様化を遂げるデータの保存、保護、アクセス、変換に必要なイノベーションを推進していきます。
 ウエスタンデジタルのHDD製品は、大容量ストレージをリーズナブルな価格で実現するものとして、PCからクラウドで運用されるサーバまで、あらゆるデータを保存、管理する環境に採用いただいています。今後も魅力的な製品・サービスを提供し、ハードディスクドライブ内蔵部門の連続受賞とともに、他のカテゴリーの製品での受賞も目指して尽力してまいります。
※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1〜12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。

関連記事(外部サイト)