ジョルダン、乗換案内アプリでチケット一括管理へ 乗車・施設利用・宿泊がスマホ1台で完結

ジョルダン、乗換案内アプリでチケット一括管理へ 乗車・施設利用・宿泊がスマホ1台で完結

「乗換案内」アプリ一つで電車に乗ったり、施設を利用したり、宿泊したりできるようになる予定

 乗換案内サービス大手のジョルダンは3月26日、スマートフォンアプリ「乗換案内」に、複数のチケットをまとめて管理できる「チケットウォレット」機能を実装すると発表した。提供予定は5月。実装されれば、電車・食事・観光施設への入場券・宿泊券などが「乗換案内」上でまとめて使えるようになる。
 使い方はシンプル。「乗換案内」アプリ内の「チケット」を選択すると、対応するチケットの一覧を表示。使いたいチケットを選べば利用できる。
 電車やバスの乗車時には英国Masabi社の「Justrideチケット」を表示する。チケットは、二次元コードと目視タイプで切り替えが可能。事業者側に読み取り端末がない場合は、目視タイプを表示することになる。目視タイプのチケットは、時間ごとに変化するアニメーションになっており、複製は困難。セキュリティ面にも配慮している。
 飲食店や観光施設などでは、設置されているQRステッカーをスマホで読み取り、チケットを表示。施設のスタッフがチケットを使用済みにすれば、施設を利用できる。
 また、インバウンド向けの施策として、多言語対応の乗換案内でサービスを展開する。将来的には、乗換案内で検索した経路のチケットや観光施設の入場券などをアプリ内で購入できるようにする。決済方法については、クレジットカードやモバイル決済など、幅広く検討しているという。

関連記事(外部サイト)