LINE Payとメルペイが提携、“キャッシュレス戦争”終結へ第一歩

LINE Payとメルペイが提携、“キャッシュレス戦争”終結へ第一歩

LINE Payとメルペイが提携(写真は左から、LINE Payの長福久弘取締役COOとメルペイの青柳直樹代表取締役)

 スマートフォン(スマホ)決済サービス「LINE Pay」を展開するLINE Payは3月27日、同じくスマホ決済サービス「メルペイ」を展開するメルペイとの提携を発表した。2019年初夏をめどに、双方の加盟店で「LINE Pay」「メルペイ」のどちらでもQRコード決済ができるようになる。
 今回の取り組みは、両社が設立した加盟店アライアンス「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」の一環。LINE Payの長福久弘取締役COOは、「2社だけの提携ではなく、オープンな取り組みとしてあらゆる事業者と提携していきたい」としている。狙いは、“キャッシュレス戦争”の終結だ。
 長福取締役COOは、「現在、キャッシュレス決済サービスの乱立により、加盟店のオペレーションは煩雑化し、ユーザーの混乱を招いている。このままだと、“キャッシュレス”がブームで終わってしまう危険がある」と指摘。こうした危険を回避するため、競合である事業者同士で提携し、本気で日本のキャッシュレス化を進める姿勢を示した。
 発表会に登壇したメルペイの青柳直樹代表取締役は、「今後、さまざまな事業者に声をかけていく。本気で日本のキャッシュレス化を進めようと考えている企業と提携して、3倍、4倍と大きなアライアンスにしていきたい」とコメント。ユーザーにとって利便性の高いキャッシュ社会を実現していく方針だ。

関連記事(外部サイト)