IoT全自動コーヒーメーカー「iDrip」日本上陸、クラウドファンディングを開始

IoT全自動コーヒーメーカー「iDrip」日本上陸、クラウドファンディングを開始

IoT全自動コーヒーメーカー「iDrip」

 スタイラーは、台湾iDripのIoT全自動コーヒーメーカー「iDrip(アイドリップ)」をクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で3月28日に販売を開始した。
 iDripは、専用のコーヒーパックに付随しているバーコードを本体機器が読み取ることで、バーコードが記憶しているバリスタの珈琲ドリップデータを呼び出してコーヒーの淹れ方を忠実に再現する。特許を取得している独自の注水ノズル技術を活用することによって、自宅で世界のバリスタチャンピオンの味を楽しむことができる。注ぎ方から抽出温度まで、全ての工程をビッグデータに基づいてコントロールしている。

関連記事(外部サイト)