コーナン、「楽天ポイントカード」と電子マネー「コーナンPay」を導入

コーナン、「楽天ポイントカード」と電子マネー「コーナンPay」を導入

コーナン店頭で「楽天ポイントカード」が利用可能に

 コーナン商事は4月1日に、同社が運営するホームセンターコーナン、ホームストック、コーナンPROで、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入した。
 コーナン店舗で支払時に「楽天ポイントカード」または「楽天ポイントアプリ」を提示すると、利用金額に応じて「楽天スーパーポイント」を貯められる。貯まったポイントは支払いにも使える。ポイント付与率は、税別200円につき1ポイント。なお、「楽天Edy」や「楽天ペイ」利用できない。
 4月1日〜6月30日には、「楽天ポイントカード」導入を記念し、期間中に毎月税込3000円以上買い物すると、月ごとに抽選で「楽天ポイント」が当たる「楽天ポイントカードスタートキャンペーン」を実施。また、各店舗で、楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」を採用したオリジナルデザインの「コーナン楽天ポイントカード」を数量限定で無料配布し、キャンペーン期間中に、1回以上このカードを提示したユーザーは、提示した月の抽選回数が2回となり、当選確率が2倍となる。
 そのほか、キャンペーン期間中に「楽天ポイントカード」か「楽天ポイントアプリ」、またはコーナン公式アプリに掲載される「楽天ポイントカード」のバーコードを提示して、3か月連続で1か月あたり税込3000円以上の買い物をした人全員で、250万ポイントを山分けする。上限は一人600ポイント。
 また、ホームセンターコーナン、ホームストック、コーナンPROの全店で、4月1日から、チャージ上限額20万円、年会費無料のチャージ式電子マネー「コーナンPay」を導入した。
 「コーナンアプリ」から発行するモバイルカードは発行手数料不要で、1回あたりのチャージ限度額は10万円。チャージは、クレジットカードか、店頭のレジで現金で支払う(上限4万9000円)。一方、サービスカウンターで即時発行するプラスチックカードは、税込100円の発行手数料が必要。チャージは店頭レジでの現金のみで、1回あたりのチャージ限度額は4万9000円。
 電子マネー「コーナンPay」は、キャッシュレス化、レジ精算のスピードアップ、決済方法の多様化を目的に導入した。モバイルカード、プラスチックカードとも、1000円分をチャージするごとに1%の電子マネーを付与し、通常の現金払い、クレジットカード払いよりトクする。

関連記事(外部サイト)