10連休の準備で旅行グッズの売れ行き好調、「渋谷ロフト」の3月は前年比120%

10連休の準備で旅行グッズの売れ行き好調、「渋谷ロフト」の3月は前年比120%

口をつけずに膨らませられて衛生的なポンプ式のネックピロー

 ゴールデンウィークの10連休を控えて、トラベルグッズが好調に売れている。ロフトは3月における「渋谷ロフト」のトラベルグッズの売上高が、前年同月比120%になったと発表した。
 売り上げで上位を占めたのはハイキューブの「ポンプ内蔵エアピロー GI-AIR」(税込3000円)。口をつけずにポンプを押すだけで空気を入れることができるため、衛生的だとして人気のようだ。空気を抜きコンパクトにして持ち運ぶことが可能で、カバーを外せば洗濯することもできる。
 ほかにも、ロフトオリジナルのTCCの「抗菌圧縮袋セット」(1620円)やゴーウェルの「バッグとめるベルトプラス」(1026円)、ライオンの「部屋干しトップ25g 3包」(86円)など、荷物をできるだけ小さくするグッズや長期の旅行先での洗濯などを意識したものが売れている。
 興味深いところでは、TCCの「ラゲッジスケール」(2030円)。格安航空のLCC搭乗時などに荷物の重量制限をクリアするかどうかを、あらかじめ自分や家族、仲間の荷物を測っておくことでスムーズな対応が可能になる。一つあるだけで重宝がられるグッズだ。
 ロフトからは、環境を意識した、サンゴの白化現象の一因とされる「紫外線吸収剤」を使用していない日焼け止めを提案する。それが、ジーエルイーの「サンゴに優しい日焼け止め」(2679円)や4月下旬発売のUPPER HOUSEの「ル タン サンスクリーンローション」(2484円)などである。
 ほかにも、持っていると役立つアイテムとして、イデアインターナショナルの「ミレスト ポケッタブルボストンバッグ」(4104円)などを挙げる。折りたたみ式のボストンバッグなので、土産が増えても安心。キャリーのハンドルに通して固定できるほか、機内に持ち込める35リットルのサイズとなっている。

関連記事(外部サイト)