ヤマダ電機、ソフトバンクとHEMSでサブスクリプション事業

ヤマダ電機、ソフトバンクとHEMSでサブスクリプション事業

「YAMADAスマートホーム」は三つのキーデバイスから構成される

 ヤマダ電機はソフトバンクの子会社でビッグデータ関連製品やソフトウェアの開発・販売を手掛けるエンコアードジャパンと連携し、4月11日から全国の直営店でユーザー宅の電力量の見える化や節電アドバイス、遠隔の家電コントトロールなどの月額サービス「YAMADAスマートホーム」の取り扱いを開始した。住宅やリフォーム販売に力を入れるヤマダ電機がソフトバンクと組んで、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の「コト」軸のサブスクリプション事業をスタートした形だ。
 「YAMADAスマートホーム」は三つのキーデバイスから構成される。一つは、エンコアードジャパンが提供するエネルギーIoTプラットフォームで、分電盤に設置する「エネトーク」で家庭の電気量を測定する。1秒ごとのエネルギーデータの波形を独自AIで解析し、主な家電の電力量を推定したり、生活パターンを予測して、効果的な節電アドバイスを行う。ユーザーは、スマートフォン(スマホ)の専用アプリで、それらを確認することができ、日々の節約意識を高める。
 もう一つは、見守りサービスのデバイスとなる「エネトークタッチ」が、家族の帰宅や、不審者の侵入などの異常を感知すると、スマホに知らせる。「エネトークタッチ」は、温度や湿度、照度、加速度を測定できるマルチセンサーの役割を果たす。
 最後は「家電リモコン」で、「エネトーク」のアプリと連動することで、帰宅前にスマホでエアコンや照明をオンにするなど家電の遠隔操作が可能になる。アプリでリアルタイムにエネルギーデータを確認できるため、家電の電源を確実にオフにしたかどうかをチェックできる。
 サービスの税別価格は、「エネトーク」「エネトークタッチ」「家電リモコン」の三つのデバイスと水まわりやカギ、ガラスのトラブル、異常時に24時間365日駆け付ける「おうち安心サポート」を合わせた「プレミアムプラン」が、機器費用の1万4800円のほか、月額使用料が1480円(ヤマダ会員は980円)。
 「おうち安心サポート」の駆け付けでは、インターホンや照明などの周辺状況から家族の在宅状況や不審者の侵入の有無を確認し、水やカギ、ガラスのトラブルがあれば、出張料・作業量は無料で作業する。
 「スタンダートプラン」は、「エネトーク」「エネトークタッチ」による「おうちみまもりコース」と、「エネトーク」「家電リモコン」による「家電リモコンコース」から選べて、いずれも機器費用の1万2800円のほか、月額使用料は880円となっている。
 そのほか、別途申し込みが必要なオプションとして、家守りホールディングスが提供する除菌・消臭、防カビ対策、シロアリ退治などの住宅メンテナンス、「いえまMALL Plus」と連携したハウスクリーニング、不要品買い取りといった住生活サポートサービスを提供する。
 「YAMADAスマートホーム」は、ヤマダ電機の直営店のほか、戸建て住宅の建設・販売のヤマダホームズでも販売する。また、ソフトバンクは「SoftBank 光」などと同時申し込みすると得になる特典を提供する。

関連記事(外部サイト)