加熱式たばこで社内コミュニケーション活性化へ、JTとワウテックが提案

加熱式たばこで社内コミュニケーション活性化へ、JTとワウテックが提案

JTとワウテックの協業で低温加熱型の加熱式たばこ専用スペースを提案

 日本たばこ産業は、ビジネスコミュニケーション活性化事業を手掛けるワウテックと「社内コミュニケーション活性化」に向けた取り組みで4月19日に協業を開始した。低温加熱型の加熱式たばこを活用したオフィス環境整備を提案していく。
 両社では、会議室やレストスペースなどに低温加熱型の加熱式たばこ専用スペースを導入した場合、たばこを吸う・吸わないを問わず社内コミュニケーションの活性化し、共用喫煙所で社員同士が会話すれば、情報漏えいを防ぐ効果もあると判断している。また、喫煙者にとって喫煙所までの移動時間を節約するなど業務効率化につながると捉えている。

関連記事(外部サイト)