LANカードで20年連続の販売台数シェアトップのメーカーは?

LANカードで20年連続の販売台数シェアトップのメーカーは?

LANカード部門で20年連続受賞の金字塔を打ち建てたバッファロー

 【BCN AWARD 2019・喜びの声】 全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」のLANカード部門で、2018年1月〜12月の1年間の販売台数シェアNo.1だったメーカーは、メルコホールディングスの中核企業のバッファローだった。同部門では20年連続トップの金字塔を打ち建てた。 同社は無線LANや外付けHDD、NASなど6部門でもシェア首位となり、グループ会社のシー・エフ・デー販売を含む11部門で受賞した。受賞の喜びを田中辰吾常務取締役に寄せてもらった。
●「愛される商品づくりに励む」
 本年も「BCN AWARD 2019」無線LAN部門など6部門(グループで11部門)で最優秀賞受賞、LANカード部門においては20年連続受賞いただき、多くのお客さまならびに販売店さま、OA機器販社さまのご支援の賜物と厚くお礼申し上げます。
 この結果に慢心することなくこれからもお客さまの豊かな生活を支えるメーカーとしての責任をもって、より「愛される商品づくり」に励んでまいりますので、引き続き変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1〜12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。

関連記事(外部サイト)