QRコードと現金対応のセルフレジ 電子マネーやクレカにも対応

QRコードと現金対応のセルフレジ 電子マネーやクレカにも対応

クレジットカード、電子マネー、現金、QRコードなど、あらゆる決済方法に対応したセルフレジ

 メディアシークは5月20日、クレジットカード、電子マネー、現金、QRコードなど、さまざまな決済方法に対応したセルフレジ「QRセルフレジ」を発売した。
 QRセルフレジは、QRコードによって売上管理、注文管理、顧客管理システムと、消費者が自ら精算できる仕組みを搭載した、店舗を経営する事業者向けの製品。消費者が購入した商品情報をQRコード付き伝票として出力し、そのQRコードをレジのリーダーにかざすと、セルフで決済することができるようになる。
 消費者が自身で購入する商品を登録してから支払う「完全セルフ支払」と、商品登録は店舗スタッフが行い、支払いのみ消費者がセルフで行う「セミセルフ支払」の二つの支払いフローに対応する。
 現在、運用中の既存業務システムとの連携が可能。操作画面など、店舗イメージに合わせてカスタマイズすることができる。家電量販店や雑貨屋などの各種小売店、居酒屋、コンビニエンスストア、スーパーなどでの利用を想定している。
 最近では、QRコードを利用したスマートフォン決済サービスが増加し、店舗側も対応に追われている。一方で、現金支払いの割合もまだ60%以上と高い。さまざまな決済方法に対応したセルフレジがあれば、業務の効率化と消費者の利便性向上が両立できる。

関連記事(外部サイト)