Chromecastが人気、「映像関連ボード部門」で5年連続最優秀賞

Chromecastが人気、「映像関連ボード部門」で5年連続最優秀賞

グーグルの小川直樹 Hardware Partnership本部 部長

 【BCN AWARD 2019・喜びの声】 全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」の「映像関連ボード部門」で、2018年1月〜12月の1年間の販売台数シェアNo.1に輝いたメーカーは、グーグルだった。同社の小川直樹 Hardware Partnership本部 部長に「喜びの声」を寄稿してもらった。
●映像関連ボード部門で5年連続5回目のNo.1になったグーグル
 5年連続で「Chromecast」が受賞したことを、誠にうれしく思います。販売店さま、VODパートナーさまの多大なるご支援の賜物だと感じております。Google Homeとの接続性が評価されたと感じています。今後も新しいフィーチャーを追加し常に進化していきたいと思います。
※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1〜12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。

関連記事(外部サイト)