九州電力のIoTサービス「QuUn」、新料金プランを開始

九州電力のIoTサービス「QuUn」、新料金プランを開始

IoTサービス「QuUn」で2種類の料金プランを選択可能に

 九州電力は5月9日に、IoTサービス「QuUn(キューン)」の新料金プランと新サービス「無料BGMサービス」の提供を開始した。
 新たに、機器購入代金が0円で始められる「スタトクプラン」と、別途、機器代金が必要だが、毎月の月額利用料金がお得になる「ツキトクプラン」の2つのプランを用意。税込の月額料金は「スタトクプラン」が540〜918円、「ツキトクプラン」が324〜702円。初期費用は両プランとも3240円。なお、「スタトクプラン」でも、「QuUnオートメーション」より上位のプランは機器利用料金として月額194円かかる。
 新たに追加した無料BGMサービスでは、高音質でバラエティ豊かなBGM音源を7万曲以上用意。設定は不要で、「音楽かけて」とスマートスピーカーに話しかけるだけで利用できる。さらに、「朝に合うジャズを再生して」「春の音楽を聞かせて」など、ジャンルやシーン、テンポを指定すると、おすすめの音楽を再生する。新曲も随時追加していく。
 このほか、手持ちの「Amazon Echo」を、赤外線コントローラーによって家電を操作できる「QuUnオートメーション」と組み合わせると、エアコン、テレビ、照明を音声で操作できるAlexaスキルの提供を開始した。
 「QuUn」は、IoT技術やAIを組み合わせた、オリジナルの音声AIを活用したIoTサービス。独自の音声AIエンジンを用いて、人気声優の声でニュースや天気を提供するボイスサービスをはじめ、音声やスマートフォンによる家電の遠隔操作、自宅見守りなど、生活を豊かに便利にするサービスを提供している。提供エリアは日本全国(有料の訪問サポートサービスの提供区域は、離島を除く九州エリアのみ)。

関連記事(外部サイト)