KDDIと楽天がスマホ決済で連携、au PAYが楽天ペイ加盟店で利用可能に

KDDIと楽天がスマホ決済で連携、au PAYが楽天ペイ加盟店で利用可能に

楽天ペイの加盟店でau PAYが使える

 KDDI(au)は6月25日、スマートフォン(スマホ)決済サービスの「au PAY」が、楽天ペイメントが運営する「楽天ペイ」の対応店舗で利用できるようになると発表。26日からスタートする。
 KDDIによると「ほかにも楽天ペイに加盟する中小の店舗のほとんどをカバーしているが、一部店舗では使えないところもある」とのこと。今後の楽天ペイの新規加盟店については、自動的にau PAYでも使えるようになる。
 両サービスのロゴをあしらった指定ステッカーが提示された店舗で、共通のQRコードを読み込むことで決済ができるようになる。対象となる楽天ペイの加盟店は、事前の特別な操作などすることなくau PAYを導入するこができる。
 KDDIと楽天は2018年11月に、決済や物流、通信分野で両社が保有するアセットを相互利用することで合意した。今回の取り組みはこの合意を踏まえたもので、楽天ペイの決済アプリのプラットフォームや加盟店網の一部をKDDIが活用し、各種決済インフラを相互に利用する。今後は両社合同キャンペーンの実施なども検討していく。

関連記事(外部サイト)