PayPayが現金チャージに対応、セブン銀行ATMで

PayPayが現金チャージに対応、セブン銀行ATMで

山分けキャンペーン、現金チャージはともに7月11日から

 PayPayは、セブン銀行と提携し、2019年7月11日午前10時から、現金による「PayPay」への現金チャージに対応する。 セブン-イレブンの店舗内をはじめ、全国2万5000台以上ある「セブン銀行ATM」で、取引用QRコードをPayPayアプリで読み取って、原則24時間365日、現金から1000円単位でチャージできる。入金手数料は無料。1回当たりの入金限度額は50万円となる。なお、PayPayのアカウント保有残高上限額は100万円となっており、上限額以上の金額をチャージすることができない。
 今回の提携に合わせ、「セブン銀行でペイペイ現金チャーーーーーーージがはじまるキャンペーン」を、19年7月11日から8月10日23時59分まで実施する。期間中に全国のセブン銀行ATMの上部画面に表示されるQRコードをスキャンし、エントリーすると総額5000万円分を山分けし、最大200円相当のPayPayボーナスを付与する。なお、一人が複数のPayPayアカウントを利用し、景品の付与を受けた場合、PayPayボーナスの付与は無効になる。
●オンライン決済向け「Yahoo!マネー」を「PayPay」ブランドに統合
 なお、ヤフーは6月28日に、「Yahoo!マネー」の電子マネー事業を、Yahoo! JAPAN IDとヤフーが共同出資するPayPayに承継すると発表済み。19年9月30日をもって「Yahoo!マネー残高」を「PayPay残高」に統合し、オンライン・オフラインを問わず、決済サービスはPayPayブランドで提供する。
 今秋には、PayPayが使えるヤフーのオンラインショッピングモール「PayPayモール」、フリマアプリ「PayPayフリマ」もスタートする予定。今後も根強く残るとみられるATM利用層に向けたサービス拡充と、PayPayブランドの強化を同時に進める。

関連記事(外部サイト)