LINEモバイル、景表法違反で措置命令 登録料不要の適応外周知が不十分

LINEモバイル、景表法違反で措置命令 登録料不要の適応外周知が不十分

消費者庁が7月2日にLINEモバイルに対して景品表示法違反で再発防止を求める措置命令を行った

 消費者庁は7月2日、MVNOサービスを提供するLINEモバイルに対し、景品表示法違反で再発防止を求める措置命令を出した。
 問題になったのは、同社がウェブサイト上で17年11月〜19年1月まで表示していた「エントリーパッケージを事前にご購入いただくことで、お申し込み時に必要な登録事務手数料が不要となります。」という告知だ。
 全てのサービスに適用されるかのように表示していたが、実際は「データSIM」の申し込み時の登録事務手数料について不要にならない。これについての説明が不十分だったことから、今回の措置に至った。
 LINEモバイルは、「この度の措置命令を厳粛に受け止め、広告表示のチェック体制の強化や社員教育の徹底等、再発防止に取り組んでまいります」とコメント。改善に向けて取り組む姿勢を明らかにした。

関連記事(外部サイト)