冷却シートとカイロを兼ねるウェアラブルデバイス、ソニーがクラウドファンディングを開始

冷却シートとカイロを兼ねるウェアラブルデバイス、ソニーがクラウドファンディングを開始

ソニーのスタートアップ支援プログラム「Sony Startup Acceleration Program」を通過した「REON POCKET」

 ソニーは7月22日から、First Flightで、背中側の首元を温めたり冷やしたりすることができるウェアラブルデバイス「REON POCKET(レオンポケット)」のクラウドファンディングを開始すると発表した。
 レオンポケットは、専用インナーウェアの首元にある背面ポケットに端末を入れて使う。スマートフォン(スマホ)と接続して、端末の温度を冷/温それぞれ5段階で調整が可能。温めることも、冷やすこともできる。同社がカメラなどのモバイル機器の開発を通して培ってきた、独自の熱設計技術を搭載している。
 端末の重さは約85gで、サイズは高さ約20×幅54×奥行き116mm。充電持続時間は24時間。マイモードやオートモードなどを搭載したスタンダードモデルと、マニュアルモードのみのライトモデルの2機種を展開する。肌に触れる部分の素材はシリコン素材。低温やけどが起こりにくいよう配慮しているという。防水仕様ではないが、肌に触れる部分については防水シーリングを施した。
 専用のインナーウェアは東レインターナショナルが提供する。背面のポケットは、端末が首元にフィットする設計で、冷温感を感じやすくなっている。生地は給水速乾性を持つ極細繊維のポリエスチルを使用することで、柔らかな風合いと快適な着心地を実現している。サイズはS・M・Lの3サイズ、カラーはホワイトとベージュの2色を用意した。
 レオンポケットあり/なしで、夏を想定した実験では、「あり」の方が端末接触部分の体表面温度がマイナス13℃になったほか、背中全体の体表面温度も下がり、快適性を実現した。冬を想定した実験では、体表面温度はプラス8.3℃nになった。
 クラウドファンディングを通じてフィードバックを集め、製品開発に生かすという。目標金額を達成した際には、支援したユーザーに製品を届ける。クラウドファンディングの終了予定は8月19日としている。

関連記事(外部サイト)