ルンバと連動する初の床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」

ルンバと連動する初の床拭きロボット「ブラーバ ジェットm6」

「ルンバi7」が掃除をしたあとに「ブラーバ ジェットm6」が床拭きをするコンビネーションが可能に

 アイロボットジャパンは7月23日、床拭きロボット「ブラーバ」シリーズの新モデルとして「ブラーバ ジェットm6」を発表した。公式オンラインストアの税別価格は6万9880円。7月26日に発売する。
 「ブラーバ」シリーズは、フローリングやタイルなどの床を水拭き(ウェットモード)とから拭き(ドライモード)で自動清掃する床拭きロボット。今回初めて本体にカメラを搭載し、iAdapt 3.0ビジュアルローカリゼーションによるナビゲーションが可能になった。
 ロボット掃除機「ルンバ」の最上位機種「i7」が搭載する「Imprintスマートマッピング」技術も備えており、最大10の異なるフロアマップを作成し、最適なパターンで効率的に拭き掃除する。
 注目したいのは、ルンバと連携する新機能「Imprintリンク」。「ルンバi7」が掃除をしたあとに「ブラーバ ジェットm6」が床拭きをする、といったコンビネーションが可能になる。2019年末には「ルンバ900」シリーズでも、アプリのアップデートで対応する予定だ。
 シリーズで初めて自動充電&自動再開機能も搭載。自動でホームベースに戻るのでユーザーはボタンを押すだけで床拭き掃除ができる。Wi-Fi対応でiRobot HOMEアプリで外出先からの操作も可能。GoogleアシスタントやAmazon Alexaにも対応する。
 清掃能力も従来機種から大幅に向上している。水を入れるタンクが大容量化し、ウェットモードで60畳、ドライモードで60畳の広いスペースを清掃することができるようになった。複数の部屋にも対応する。

関連記事(外部サイト)