楽天カードがGoogle Payに対応、利用金額の1%が楽天ス―パーポイントで還元

楽天カードがGoogle Payに対応、利用金額の1%が楽天ス―パーポイントで還元

Google Payに対応した楽天カード

 楽天カードは7月23日からGoogle Payの対応を開始したと発表した。Android搭載のおサイフケータイ対応スマートフォン(スマホ)に楽天カードを登録すると、全国のQUICPayが使える店舗で、財布から楽天カードを取り出すことなくスマホをかざすだけで支払いが完了する。
 Google Pay対応の店舗は、2019年3月末時点の対応端末台数ベースで約90万台ある。対象カードは、Mastercard、Visa、JCBが付帯されている楽天カード(一部カードを除く)。利用金額の1%を楽天スーパーポイントで還元する。Google Payに登録した楽天カードで支払う場合も通常のカード払いと同様になる。
 決済時の使い方は、レジ担当者にQUICPayで支払うことを伝えて、スマホをリーダーにかざす。「QUICPay」の音が鳴ったら決済完了となる。
 初期設定の方法は、Google Payアプリを起動して、画面下の「支払い」タブをタップ。「+お支払い方法」ボタンをタップした後、「クレジット/デビット/プリペイド」をタップして、カード情報をデバイス上に入力する。画面の指示に従って、本人認証を行えば設定が完了する。

関連記事(外部サイト)