ドンキからヘッドホン・イヤホンのUNNOISEシリーズ誕生、低価格のノイキャン搭載モデル

ドンキからヘッドホン・イヤホンのUNNOISEシリーズ誕生、低価格のノイキャン搭載モデル

ドンキからヘッドホン・イヤホンのUNNOISEシリーズ誕生、低価格のノイキャン搭載モデルの画像

 ドン・キホーテは7月23日、同社のプライベートブランド「情熱価格プラス」の新商品としてノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホン「UNNOISE(アンノイズ)」シリーズを発表した。全国のドン・キホーテ系列店舗で7月26日に発売する。
 UNNOISEはニーズが高まるノイズキャンセリング機能搭載のオーディオデバイスを「品質や機能にこだわりながらも手軽に購入できる」というコンセプトで開発。計3モデルをラインアップする。対応コーデックはいずれもSBC。
 「UNNOISE Y1ノイズキャンセリングイヤホン(TT-EP009)」は、最大約30dBのノイズキャンセリング機能を搭載する有線イヤホン。フル充電でノイズキャンセリング機能を約15時間連続使用できる。税別価格は3980円。
 「UNNOISE U1ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン(TT-BH084)」は、最大約16dBのノイズキャンセリング機能を搭載。機能をONにした状態で約10時間の連続使用ができる。IPX5の防水仕様にもなっている。税別価格は5980円。
 「UNNOISE H1ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン(TT-BH083)」は、最大約22dBのノイズキャンセリング機能を搭載。機能をONにした状態で約10時間の連続使用ができる。重量は約272g。税別価格は7980円。

関連記事(外部サイト)