保険料の支払いをキャッシュレス化する「保険料スマホ決済サービス」開始

保険料の支払いをキャッシュレス化する「保険料スマホ決済サービス」開始

保険料の支払いをキャッシュレス化する「保険料スマホ決済サービス」開始の画像

 三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、両社が共同開発した顧客のスマートフォンから保険料の支払いが可能な「保険料スマホ決済サービス」を、7月から順次提供開始する。 対面で契約手続きする際、代理店端末や書面上に提示したQRコードを読み取って決済専用サイトに接続し、「キャリア決済」「スマホ決済」などと呼ばれる各社の決済サービスから、利用したい決済サービス選んでその場で支払えるようにする。
 サービス開始時点で利用可能な決済サービスは、ドコモ払い(d払い)、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、Apple Pay、LINE Pay、Yahoo!ウォレット、楽天ペイ、PayPal、Alipay国際決済、銀聯ネット決済。収納代行会社の決済サービス基盤を活用して提供おり、ラインアップは、決済市場の動向などを踏まえ、随時追加・変更していく予定。

関連記事(外部サイト)