Bluetoothスピーカーとして使える「レッド」の電子ピアノ、本体のみ約6万円

Bluetoothスピーカーとして使える「レッド」の電子ピアノ、本体のみ約6万円

新色レッドを追加

 カシオ計算機は、発売15周年を迎えた電子ピアノ「Privia(プリヴィア)」の新製品として、鮮やかなレッドカラーの「PX-S1000RD」を8月23日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は5万7800円前後の見込み。
 ハンマーアクション付き88鍵盤、グランドピアノ音を追求した「マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源」などを搭載した今年2月発売のコンパクト電子ピアノ「PX-S1000」の新色。演奏していないときは、スマートフォンなどと接続してBluetoothスピーカーとして音楽を再生できるなど、機能面は既存のブラック(PX-S1000BK)、ホワイト(PX-S1000WE)と共通だが、全体を彩度・明度の高いレッドで統一し、部屋の中やステージ上でも存在感のある個性的なモデルに仕上げた。
 操作パネルにタッチセンサーを採用し、ボタンのない先進的なデザイン。サイズは幅132.2×奥行23.2×高さ10.2cmと、奥行が現行モデル「PX-160」比で約20%までスリム化した。
 内蔵曲が60、デモ曲が1で、レッスン機能・録音機能・メトロノーム機能のほか、直感的な操作でピアノ設定が可能な専用アプリ「Chordana Play for Piano」に対応する。電源はACアダプタや単三アルカリ6本(約4時間)。ペダル(SP-3)、譜面立て、ACアダプタが付属する。スタンド、3本ペダルユニットは別売りとなる。

関連記事(外部サイト)