ロジクール、ゲーミングチーム「DETONATOR」とストリーマー契約 ブランド認知向上へ

ロジクール、ゲーミングチーム「DETONATOR」とストリーマー契約 ブランド認知向上へ

ゲーミングデバイスメーカーのロジクールがプロゲーミングチーム「DETONATOR」とストリーマー契約を結んだ

 ロジクールは8月2日、プロゲーミングチーム「DETONATOR」と、ゲーミングデバイスブランド「ロジクールG」「ASTRO Gaming」のストリーマー契約を結んだ。期間は8月からの1年間。イベントやストリーミング配信を通して、同ブランドの認知度向上につなげていく。
 今回の契約で、ロジクールはDETONATORのストリーマー部門との相乗効果を最大限発揮するために4人のスポンサーとなり、配信への協賛と製品提供を通じた活動の支援を行う。DETONATORは、国内外の大会/イベントで着るユニフォームに「ロジクール G」「ASTRO Gaming」ブランドのロゴを掲載するほか、ロジクールG関連イベントへの登壇など、ロジクールのプロモーション活動に協力する。
 DETONATORには複数のタイトルのトッププレーヤーが所属し、ストリーミング配信やeスポーツイベントで多くのファンを魅了し続けている。今回、契約を結んだのは、ストリーマーの「SHAKA(シャカ)」「YamatoN(ヤマトン)」「StylishNoob(スタイリッシュヌーブ)」「SPYGEA(スパイギア)」の4人だ。
 DETONATORを運営するGamingDの江尻勝代表取締役は、「ゲーミングデバイスの素晴らしさを多くの方へ伝え、業界の活性化に尽力したい」とコメント。ロジクールの笠原健司社長は、「今回の契約によって日本国内におけるeスポーツのさらなる成長、そして多くのゲーミングファンがゲームの楽しさを、ストリーミングを通して享受できることを心から願っている」とコメントした。

関連記事(外部サイト)