ジャパンネット銀行、住宅ローンに参入、PayPayへの登録でもれなく100円プレゼントも

ジャパンネット銀行、住宅ローンに参入、PayPayへの登録でもれなく100円プレゼントも

ジャパンネット銀行、住宅ローンに参入、PayPayへの登録でもれなく100円プレゼントもの画像

 2009年に日本初のネット専業として開業し、現在、ヤフー・三井住友銀行のグループ会社のジャパンネット銀行は、7月30日から住宅ローンの取り扱いを開始した。スマートフォン(スマホ)やPCから24時間申し込み可能で、電子契約の仕組みを導入しているため、審査から契約までオンライン上で完結する。
 インターネット専業銀行の楽天銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行などは、競い合うように、住宅ローンや優遇プログラム、為替手数料無料などを拡充。競争の激しい分野に、ジャパンネット銀行は後発として参入する。変動金利は既存のネット銀行を下回る0.415%(7月30日時点)。電話相談窓口は、年末年始を除き年中無休で受け付ける。
 住宅ローン取扱開始を記念し、9月30日までに本審査を申し込み、借り換えを含め、11月29日までに新規で1000万円以上借り入れると、もれなく3万円プレゼントする「住宅ローンはじめましたキャンペーン」を実施する。
 乱立するスマホ決済サービスのうち、ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayが提供する「PayPay」は各種調査でユーザー満足度や利用率で上位につけており、スマホ決済市場を制す最有力候補と目されている。そのPayPayの加盟店は、ジャパンネット銀行のビジネス用口座を開設して連携すると、通常、翌々営業日に入金される売上金が翌日に入金されるメリットがある。
 また現在、個人向けには、ジャパネット銀行口座を初めて登録すると、もれなくPayPayボーナス100円相当をプレゼントするキャンペーン実施している。法人、個人とも便利なネット銀行として今後、注目度が高まりそうだ。

関連記事(外部サイト)