東京五輪チケット、本日から追加抽選開始! 自動落選に注意

東京五輪チケット、本日から追加抽選開始! 自動落選に注意

8月8日から東京五輪観戦チケットの第1次抽選落選者を対象に追加抽選が始まった

 「東京2020オリンピック公式チケット販売サイト」で第1次抽選の追加抽選の申し込みが始まった。期間は8月19日11時59分まで。結果発表は9月11日で、購入手続きを同日〜9月24日23時59分までに行う必要がある。なお、今回の抽選に参加できるのは、第1次抽選に申し込んで、すべて落選した人のみだ。
 追加抽選に申し込む際は、システム上で何セッションでも申し込むことができるが、第1希望は一つに絞らないと自動的に落選する。落選した場合に備えて第2希望を一つ申し込めるものの、両方とも同じセッションに申し込むことができない。もちろん、いずれも落選する可能性がある。カスケードサービスに申し込めば、落選しても一つ下の席種が定数に達していない場合、その枠を抽選対象にできる。
 追加抽選で申し込めるセッションは次の通り。水泳(飛込)/水泳(水球)/陸上競技/陸上競技(マラソン)/野球/ソフトボール/バスケットボール/カヌー(スプリント)/自転車競技(マウンテンバイク)/自転車競技(ロード)/馬術(馬場馬術)/フェンシング/サッカー/ゴルフ/体操(体操競技)/ハンドボール/ホッケー/近代五種/ボート/ラグビー/テコンドー/ビーチバレーボール/バレーボール/ウエイトリフティング/レスリング。
 第1次抽選に申し込まなかった人や、第1次抽選で当選したが購入手続きをしなかった人なども対象外になる。記者は第1次抽選に申し込んだが“全落ち”したので追加抽選販売に申し込もうとしたら、対象とそうでないチケットの判別が検索してからでないと分からない仕様に苦戦した。これから申し込む場合は、申し込みルールをよく確認して、自動的に落選しないように注意してほしい。(BCN・南雲 亮平)

関連記事(外部サイト)