熱中症リスクのピークは過ぎた? 救急搬送数は前週から半減

熱中症リスクのピークは過ぎた? 救急搬送数は前週から半減

8月12日〜8月18日の熱中症による救急搬送数は7338人。2週連続で減少に転じた

 総務省消防庁が発表している熱中症情報によると、8月12〜17日の1週間に全国で熱中症で救急搬送された人数は速報値で7338人。前週の1万2751人から半減した。
 
 現時点で今年の熱中症による救急搬送数がピークを迎えたのは、1万8347人を記録した2週前の7月29日〜8月4日週。翌週が1万2751人、翌々週が7338人と右肩下がりに減少している。
 梅雨明けが遅れ、暑さのピークがズレこんだ影響で、昨年と比較すると同時期の救急搬送数は今年の方が上回っている。都道府県別では、西日本の一部地域を除いて昨年以上を記録。東京・愛知・大阪などの都市部では、約2倍の数値をつけた。(BCN・大蔵 大輔)

関連記事(外部サイト)