仮想通貨から電子マネーにチャージ可能に、まずは3ブランドに対応

仮想通貨から電子マネーにチャージ可能に、まずは3ブランドに対応

仮想通貨から電子マネーにチャージすることができるディーカレットのサービス

 ディーカレットは8月21日、ビットコインなどの仮想通貨から電子マネーにチャージするサービスを開始した。これまで、手続きを経て換金するか、一部の店舗でしか使えなかった仮想通貨が、さまざまな場所で利用できるようになる。
 時田一広社長は、「投機目的以外にも、仮想通貨を便利に利用できるようにしたいと考えて、サービスを開発した。現在は3ブランドへのチャージに対応しているが、今後は対応するサービスを増やしていきたい。2019年の冬には、各種ポイントと交換できるようにする」と、仮想通貨の普段使いを促していく姿勢だ。
 現段階で対応する電子マネーは、楽天Edy、nanaco、au WALLETプリペイドカード。リアルタイムのレートを適用する。楽天Edyとnanacoの場合は、ギフトIDを登録・交換することで、ギフトの金額を電子マネーで受け取ることができる。au WALLETについては、そのままチャージする。
 仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類が対応する。1回あたりの最低チャージ/交換申請額は1000円で、10円単位で申請可能。毎月の上限額は10万円で、1回当たりの上限は楽天Edyが2万5000円、nanacoが2万9000円、au WALLETが10万円としている。1回あたりの手数料は、チャージ額3000円以上の場合は無料、3000円未満の場合は108円相当だ。
 対象は、ベーシックアカウントを開設済みのユーザー。ディーカレットのアプリ上で各仮想通貨から電子マネーへのチャージを選択。電子マネーのブランドを選んで、金額を決定後、チャージを実行する。直感的に操作できるうえ、手順が少なく、手軽につかうことができる点が特徴だ。
 複数の仮想通貨を組み合わせてチャージすることもできる。365日年中無休でチャージ可能だが、毎日23時50分〜24時、毎週火曜日の1時55分〜5時、毎月第4日曜日23時25分〜翌日9時はメンテナンスのため、電子マネーチャージが利用できない。

関連記事(外部サイト)