三井住友ファイナンス&リースの「デジタルシフト」のノウハウを書籍化

三井住友ファイナンス&リースの「デジタルシフト」のノウハウを書籍化

デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める企業にとって必読の指南書

 完全内製によるAI・RPAの導入など、三井住友ファイナンス&リースがこれまで実践してきた、最新のデジタル技術の導入・活用に関するノウハウをまとめた日経BP発行の書籍『ストーリーで学ぶデジタルシフトの真髄 現場と取り組むデジタル 先進企業の挑戦秘話』が8月26日に発行された。税別価格は1500円。
 三井住友ファイナンス&リース イノベーションPTの協力のもと、日経BP総研イノベーションICTラボが編集し、茂木俊介氏が執筆した。「主役はビジネス、テクノロジーじゃない!」と銘打ち、デジタルで勝つ企業への道筋が分かる現場ドラマに仕上げている。「たった一人からのデジタルシフト」「GE流プロセス改善のカルチャーを生かす」「現場を変え人もつくった驚きの RPA導入」「内製で乗り越えた AI開発の壁」「デジタル化の先に新しい価値創出を」と、5本のノンフィクションストーリーで構成する。
 三井住友ファイナンス&リースが進めるデジタルシフトの特徴は、技術の導入だけではなく、組織、プロセス、企業文化・風土を変えていくGE流の企業変革や業務改善手法を取り入れながら、先進的なデジタル技術の内製化を進めていくこと。書籍では、実際の現場で起きた問題をどのように議論がなされ、どのように解決されたかを紹介している。

関連記事(外部サイト)