店舗にユーザーの本音を届ける「みんばこ」、スマホから匿名で

店舗にユーザーの本音を届ける「みんばこ」、スマホから匿名で

Android版からリリース

 コモンキューブは8月20日に、全国の店舗・施設を対象に、ユーザー自身がプロデューサーとなって本音や提案を完全匿名で投稿できるホンネプラットフォーム「みんばこ」のAndroid版アプリの提供を開始した。iOS版アプリは9月リリース予定。
 投稿対象は、飲食店、美容院、サロン、整骨院、アパレル、雑貨店、スーパーマーケット、コンビニ、ホテル、テーマパーク、病院、士業事務所など、全業種の店舗・本部・経営者。投稿後、「みんばこ」運営部の簡易審査をクリアすると、ポイント交換サービスを通じて各種ポイントや現金に交換可能なギャラ(ポイント)が付与される。
 ユーザーからの投稿を企業が見て、店舗サービスが改善されると企業からダイレクトに改善コメントが届く可能性があり、投稿に対して店舗・施設運営者から改善コメントがもらえた場合は、追加でギャラが付与される。なお、投稿内容は自動的に公開されることはなく、企業から改善コメントがもらえた場合に初めて公開される。
 「カスタマーセンター」や「問い合わせフォーム」は利用されづらい、「お客様アンケート」や「現場での意見」では本部や経営者のユーザーの意見が届かないという状況を受けて開発したという。1日10件まで投稿でき、付与されたギャラの累計によってプロデューサーランクがアップし、投稿の際に獲得可能なギャラが変動していく。
 先行リリースしたAndroidアプリ版は、スマートフォンの位置情報をスムーズに連携できるので検索しやすく、改善コメントの通知やギャラの交換もスムーズに行える。

関連記事(外部サイト)