本体だけでも使える小型・軽量プロジェクター Wi-Fiでウェブ閲覧可能

本体だけでも使える小型・軽量プロジェクター Wi-Fiでウェブ閲覧可能

キヤノンが10月上旬に発売する「ミニプロジェクター(C-13W)」

 キヤノンは、Wi-Fi環境があれば本体だけでウェブ閲覧が可能な「ミニプロジェクター(C-13W)」を10月上旬に発売する。バッテリやストレージを内蔵。サイズが幅120×奥行き120×高さ33mmで、重さが410gと、持ち運びに便利な小型・軽量プロジェクターだ。
 Android OSを搭載し、Wi-Fiに接続すれば単体でウェブブラウザーや、PDF、Officeのデータなどを投写することができる。バッテリ駆動は最長2時間で、モバイルバッテリとしても利用可能。明るさが最大130lm、バッテリ駆動時が最大50%になる。投写サイズは、最小16.1インチ(0.5m)〜最大97インチ(3m)。
 HDMI端子を備え、PCなどの外部機器と接続することができる。本体内蔵メモリが4GB、USBメモリやMicroSDにも対応する。本体上部のタッチパッド操作で、データを投写する。

関連記事(外部サイト)