有力スーパーがPayPayに続々対応、イトーヨーカドー・ヨークマートも利用可に

有力スーパーがPayPayに続々対応、イトーヨーカドー・ヨークマートも利用可に

「東急ストア」「西友」「ライフ」に続き、PayPayに対応

 スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」のキャンペーン「いつもどこかでワクワクペイペイ」の9月の対象店舗は食品スーパー。10時から14時までにPayPayで支払うと、決済金額の最大10%がPayPayボーナスとして戻ってくる。 この月替わりキャンペーン「10時〜14時がおトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭」にあわせ、全国の有力ス―パー各社がPayPayを導入している。
 8月27日、イトーヨーカ堂とヨークマートは、全国の「イトーヨーカドー」約150店舗の食料品売場レジと、「ヨークマート」79店舗で、9月1日からPayPayを導入すると発表した。両店舗のQRコード(バーコード)決済サービス導入は、今回のPayPayが初めて。
 9月中は、抽選で20回に1回、最大1000円相当のPayPayボーナスが当たるキャンペーン「PayPayチャンス」も実施。イトーヨーカドー、ヨークマートの各店舗には手持ちの現金から1000円単位でPayPayにチャージできるセブン銀行のATMが設置されており、チャージから利用までスムーズにできる。
 なお、9月1日から「西友」「サニー」、9月2日から「ライフ」もPayPayを導入する。スキャン方式は、店舗によって異なり、イトーヨーカドー、ヨークマートでのスキャン方式は、レジなどに掲示されたQRコードをユーザーがアプリで読み取り、会計金額を入力する「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式となる。

関連記事(外部サイト)