冷蔵庫が洗濯機の運転終了を知らせる、シャープのAIoT縦型洗濯乾燥機

冷蔵庫が洗濯機の運転終了を知らせる、シャープのAIoT縦型洗濯乾燥機

冷蔵庫が洗濯機の運転終了を知らせてくれるシャープの縦型洗濯乾燥機

 シャープは、AIとIoTを組み合わせたAIoTクラウドサービス「COCORO WASH」、サニタリールームから離れたキッチンにある冷蔵庫が洗濯機の運転終了を知らせてくれる「COCORO HOME」に対応したプラズマクラスター洗濯乾燥機「ES-PW11D」など3機種、全自動洗濯機「ES-GW11D」を9月19日から発売する。ES-PW11D(洗濯11.0kg/乾燥6.0kg)の価格はオープンで、税別の実勢価格は23万円前後の見込み。
 COCORO HOMEとの連携によって、洗濯機の運転が終了すると冷蔵庫のドアを開けたときに洗濯終了を知らせてくれる。冷蔵庫が閉まっているときは「聞いてキー」が点滅し、それをタッチすると音声で知らせてくれる。開けたときに知らせるのは、テレビの視聴中などを邪魔しないための配慮だ。
 SAS事業本部国内メジャーアプライアンス事業部商品企画部の北川秀雄部長は、「これまでのCOCORO HOMEを通じたクラウドデータの分析では、冷蔵庫の開閉頻度と洗濯機が多く稼働している時間帯が同じ傾向にあることが分かった。洗濯機の前にずっと人がいることはないので、冷蔵庫と連携させた」と、AIoTクラウドサービスによる分析が新機能の開発に応用されている効果を示した。
 縦型洗濯乾燥機でクラウドサービスの対応が業界初となるCOCORO WASHは、ユーザーが住む地域の天気に応じて、例えば「今日は花粉が多いみたい。乾燥機能がおすすめです」といった具合に最適な洗濯方法を音声でアドバイスしてくれる。同時に、適切な洗剤の使用量も知らせてくれる。
 COCORO WASHをスマートフォン(スマホ)の専用アプリと連携させると、「洗いかたナビ」でカーテンやカーディガンなど、難しい洗濯物の種類に応じた専用コースの使い方を教えてれる。コースを選ぶとスマホから本体に専用コースのデータが送られて、洗濯物の種類に合った洗濯もできるようになる。ほかにも、季節に合わせて「夏も終わりに近づいてきました。夏祭りなどで着た浴衣を洗いませんか」など、さまざまな専用コースから浴衣コースによる洗濯をアドバイスしてくれる。
 なお、縦型洗濯乾燥機のPWシリーズは本体にスピーカーが内蔵されているため音声で教えてくれるが、全自動洗濯機のGWシリーズはスピーカーが非搭載のためアプリ操作のみの対応となる。
 PWシリーズの基本機能は、2017年から採用してるスタイリッシュな「ガラストップデザイン」と「光るタッチナビ」を搭載するほか、衣類の消臭や除菌をしながら洗濯槽内のカビ菌を抑制するプラズマクラスターを搭載する。
 消臭・除菌コースを使う際は、制服やブーツなどを洗濯槽内のハンガーにかけてふたを閉める。洗濯槽内をプラズマクラスターイオンで充満させることによって、消臭・除菌する仕組みだ。
 シャープの洗濯乾燥機によるインターネットとの接続率は、30%強だという。これをさらに上げていくためには、さらにユーザーが洗濯したくなるようなソフトウェアを開発していく必要がある。ただ、購入した後もハードを買い替えることなく、アプリによるソフトウェアの更新で機能が進化していく点は、「AIoTクラウドサービスならではのメリット」としてシャープが強調していることだ。
 ほかの機種の実勢価格は、ES-PW10D(洗濯10.0kg/乾燥5.0kg)が22万円前後、ES-PW8D(洗濯8.0kg/乾燥4.5kg)が20万円前後、全自洗のES-GW11D(洗濯11.0kg)が15万円前後の見込み。

関連記事(外部サイト)