ついにE17口金のスマートLED電球が+Styleから登場、意外にも世界初

ついにE17口金のスマートLED電球が+Styleから登場、意外にも世界初

お手頃価格のスマート家電6機種を8月29日から順次発売

 最もポピュラーなスマート家電といえるLED電球。スマートフォンやスマートスピーカー経由で電気のON/OFFを切り替えることができる、という分かりやすい利便性や比較的購入しやすい価格帯が受け、自宅のスマート化の手始めとなっている。カテゴリー自体が登場して数年が経つが、意外にもこれまでE17口金のモデルは存在しなかった。しかし、そんな状況もこれまで。ついに+Styleから世界初となるE17口金のスマートLED電球が登場した。
 E17口金の電球はE26口金と比べると、一回り小さい。以前、スマートLED電球を発売するとあるメーカーの担当者に質問したところ、「基板を実装するスペースを確保するのが難しい」との回答をもらった。これまで製品がなかった背景には技術的な課題もある。
 +Styleによると、日本の家庭環境におけるE26口金とE17口金の比率は3対1。実際に記者の家はリビングのメイン照明がE17口金でスマートLED電球を導入できていなかった。これは稀有な例であるにしても、間接照明などではE17口金が採用されているケースは多いはずだ。
 +Styleが販売する「スマートLED電球(調光・調色)/E17」は調光だけでなく調色もできるなどスペックは高め。価格は2480円と多少値は張るが、IoT機能にハブは必要なく、スマホアプリと連携させるだけですぐに利用することができるのでコスパは悪くない。量産に時間がかかっているそうで、発売は11月中旬以降と発表からやや期間が空く模様。
 +Styleは同時に、スマート家電機能をE26口金モデルとシーリングライトモデルも発売。一般家庭における照明をほぼ網羅した格好だ。いずれも価格帯は他社と比べるとお手頃。しかも、9月12日までは発売記念セールを実施している(発売日が遅れるE17口金モデルは対象外)。家中の照明を全部スマート化するという贅沢も少し前と比べるとハードルは下がっている。(BCN・大蔵 大輔)

関連記事(外部サイト)