物販の行列をキャッシュレス・事前決済で解決 中高生も利用可能な「チアプレ」登場

物販の行列をキャッシュレス・事前決済で解決 中高生も利用可能な「チアプレ」登場

ソフマップとフォッグが手掛けるイベント専用のキャッシュレス決済サービス「チアプレ」

 ソフマップとフォッグは8月28日、業務提携すると発表した。両社は連携して、チケット購入から物販までをWeb上で完結するイベント専用のキャッシュレス決済サービス「チアプレ」を開発。9月から、全国のソフマップで実施されるイベントに導入する。
 東京・秋葉原で開催された発表会で、ソフマップの渡辺武志代表取締役社長は、「イベントを運営する上で生まれる課題の一つが、物販の行列。丁寧な対応を心掛けているが、会計ミスが発生したり、時間がかかってしまったりすることは避けられなかった。キャッシュレス決済、事前決済を導入することで、こうした課題が解決できるかもしれない」と期待を寄せる。
 チアプレは、消費者がイベントに訪れる前にチケットやグッズの購入を済ませることができるサービス。オンライン上で購入した商品の情報は、QRコードとして発行される。当日、ユーザーは会場でQRコードを提示するだけで、入場しグッズを受け取ることができる。追加で購入したい場合は、イベント中にチアプレを使って購入する。
 購入するには、チアプレ公式サイトの対象のイベントページで手続きする必要がある。まず、チケットとグッズを選択して購入ボタンを押すと、購入画面に進む。内容を確認したら、「クレジットカード」「コンビニ決済」「デジキャッシュ」の3種類から決済方法を選んで、決済を完了する。追加で購入する場合は、同イベントページでグッズの追加購入から商品を選択して決済に進む。
 チアプレを提供するフォッグの関根佑介代表取締役社長は、「タレントとして活動したい人に活用していただけるサービスになっている。オンラインでファンとコミュニケーションを取る以外にも、オフラインでイベントなどを開催したい場合は、ソフマップが提供する場所と、当社が協力するシステムによる円滑な運営が活躍するはず」と語った。
 決済手段の一つ「デジキャッシュ」は、STAGEが提供しているキャッシュレス決済サービス。ソフマップで販売しているデジキャッシュのチャージカードを購入すれば、年齢制限なくチャージすることができる。QRコード決済サービスの多くは年齢制限を設けているが、デジキャッシュは中高生でも使えるように配慮した。

関連記事(外部サイト)