山梨大学でセキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2019、9月28・29日に

山梨大学でセキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2019、9月28・29日に

「セキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2019」を9月28日と29日に開催

 次代を担う世界に通用する情報セキュリティ人材の発掘・育成を行っているセキュリティ・キャンプ協議会は、「セキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2019」を山梨大学・甲府東キャンパスで9月28・29日に開催する。参加費は無料。 1日目の9月28日は、誰でも参加できる一般講座。「サイバーセキュリティ政策の最新動向」と題して総務省サイバーセキュリティ統括官室の講演を皮切りに、「サイバー社会に求められる若手技術者への期待」と題して、セキュリティ・キャンプ協議会会長であるラックの西本逸郎社長が講演。このほか、富士通の森玄理・サイバーセキュリティ事業戦略本部本部長代理や、NTT東日本の白石涼子・ビジネス開発本部担当部長などが講演する。申込締切は9月20日17時まで。
 2日目の9月29日は、25歳以下の大学院生・学生・生徒を対象とする専門講座。午前中は、「ミニキャン言語を作ってみよう!」と題したワークショップを展開する。セキュリティ・キャンプ全国大会2016修了生で東京大学理学部在学中の高橋祐花さんが講師を担当。午後は、「OSの力を借りずに起動するアプリを作ろう」と題し、セキュリティ・キャンプ講師でサイボウズの内田公太さんが講師を担当する。なお、専門講座にはPC持参が必要で、プログラミング言語が使えることなど一定の参加条件がある。申込締切は9月2日16時(9月3日以降も受け付ける場合がある)。

関連記事(外部サイト)