LINE PayのVisaカード、先行案内の申し込み開始! 10月下旬以降に受け付け

LINE PayのVisaカード、先行案内の申し込み開始! 10月下旬以降に受け付け

Visa 東京2020オリンピック限定 Visa LINE Payカードの先行案内が開始した

 スマートフォン(スマホ)決済サービス「LINE Pay」が、数量限定の「Visa × LINE Payクレジットカード(東京2020オリンピックエンブレムデザイン)」の先行案内の申し込みを8月30日に開始した。申し込むと、10月下旬以降に申し込み概要や申し込み期間、発送時期などの詳細が記載された申し込み案内がLINE PayのLINE公式アカウントに届くという。これに従って、カードの申し込みを行うことになる。
 先行案内の申し込みは、8月30日から9月30日まで。LINE PayのLINE公式アカウントに送られてきた通知から「Visa LINE Payカード」をタップして案内ページに進み、「カード申込案内を受け取る」に進む。その規約に同意したら、申し込みが完了。10月下旬以降、カード申し込みの案内がLINE PayのLINE公式アカウントに送られてくる。カードの発送は、所定の審査などの手続き完了後、2020年1月をめどに順次発送する。
 Visa × LINE Payクレジットカードは、全世界200以上の国と地域で使うことができるVisaの利点と、スマホ決済サービスであるLINE Payの利点を併せ持つ物理カード。初年度年会費0円で、サービス開始から1年間は3%還元、さらにVisaのタッチ決済に対応する。2年目以降の還元率については、別途で告知する予定だ。
 なお、初年度以降も、1年間に1回以上のカードショッピングに利用すれば、その年の会費(税別1250円)が無料になる。会計金額の3%還元は、国内外問わず、すべての買い物が対象で、「LINE Payボーナス」として戻ってくる。還元上限は設けていない。
 Visa × LINE Payクレジットカードで支払った場合も、前月にLINE Payで支払った金額に応じて当月の還元率(0.5〜2%)を決める「マイカラー」プログラムの実績に反映される。支払いと同時に、LINEのメッセージでカード使用の通知が届くので、意図しない利用があった場合にも気が付きやすいメリットがある。
 また、LINE Payアカウントに登録すると、LINE Payの支払い方法に設定可能。設定して支払うとマイカラープログラムの基本還元率に1%分を加算する特典もある。

関連記事(外部サイト)