スマホ投資サービス「LINE証券」スタート、LINE上での取引が可能

スマホ投資サービス「LINE証券」スタート、LINE上での取引が可能

働く世代の資産形成を支援する

 LINE Financialと野村ホールディングスが業務提携して設立したLINE証券は8月26日、コミュニケーションサービス「LINE」上で手軽に取引が可能なスマートフォン投資サービス「LINE証券」のiOS版の提供を開始した。
 LINE証券は、野村グループが培ってきた金融ビジネスのノウハウ、LINEが提供するスマホ向けUIなどを活かし、若者世代の資産形成を中心とした潜在的なニーズに応える新しい総合証券サービスの提供を目指す。
 まずは8月20日にAndroid版を先行スタート。「投資をもっと身近に、もっと手軽に」をミッションに、サービス第1弾として、厳選した日本の有名企業100社と国内ETF9種類をLINE上で1株/1口、数百円から3000円以下で購入できるようにした。
 平日夜21時まで即時注文・即時約定可能で、LINE上の「ウォレット」タブから、銘柄選択、購入までわずか6タップで取引が完了する。また、スマホに適した直感的でシンプルなUIとし、口座開設の申込はLINE上で最短約3分で完了する。
 実際の取引開始は、口座開設申込後、4営業日ほどで届く簡易書留ハガキのQRコードを読み取る必要があり、スマホ専用サービスのため、PCからはアクセスできない。登録した銀行口座振り込みだけでなく、チャージした「LINE Pay」の残高からの入出金も可能で、一般的な1株単位の取引とは異なり、提示価格に基づき、注文時に即時に取引が成立する。
 このほか、投資未経験者や投資初心者でも簡単に銘柄を選べるよう、「3000円以下で買える」「お気に入り数が多い」「前日比値上がり率」「業種別」といった、さまざまなカテゴリーとランキングを用意する。さらに今後、「働く世代」に寄り添ったサービスラインアップをさらに充実させる。

関連記事(外部サイト)