日本HP、世界初の2画面15型ゲーミングノートPC “ながらゲーム”を快適に

日本HP、世界初の2画面15型ゲーミングノートPC “ながらゲーム”を快適に

日本HPが9月中旬に発売する世界初の2画面ゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」

 日本HPは、キーボード上部に約6インチのタッチ操作対応フルHD液晶ディスプレイをセカンドディスプレイとして搭載した15型ハイエンドゲーミングノートPC「OMEN X 2S 15」を9月中旬に発売する。また、同時にブランドイメージの変更を発表。これまでよりも明るいイメージカラーを採用した。
 OMEN X 2S 15は、サーマルグリズリーとの協業で、液体金属製の熱伝導体をあらかじめ採用している世界初の15.6型フルHDゲーミングノートPC。従来のシリコングリスの約10倍の熱伝導率により、高い放熱性を発揮。プロセッサーの性能を最大限に引き出す。
 セカンドディスプレイでYouTubeの動画を再生したり、配信コメントを流したりしながらゲームをプレーすることができる。ゲーム上のマップ、ステータス、発動可能なスキルなど、ゲーム画面の任意の箇所を選択し、拡大してセカンドディスプレイに映すリアルタイムスクリーンミラーリング機能も備える。
 スペックは、CPUがインテル Core i9-9880H プロセッサーで、GPUが「NVIDIA GeForce RTX 2080 with Max-Q Design」、メモリが32GB、ストレージが1TB/512GBのPCIe NVMe M.2対応SSD、サイズが幅約361.0×奥行き262.0×26.5(最厚部)mm、重さが約.37kg、公式オンラインストアでの価格が39万9800円としている。
●ブランドイメージの変更
 同社パーソナルシステムズ事業本部コンシューマー事業本部の沼田綾子本部長は、「当社は、1500ドル以上のハイエンドゲーミング市場で直近1年の世界シェアNo.1。ただ、ゲーミングブランドは、似たような訴求をしている企業が当社も含めて多く、消費者目線で違いが分かりにくい。これまでは、ゲーマーとひとくくりにしていたが、今後は幅広いそれぞれのニーズに応えていく」とコメントした。
 戦略の変更にともない、ブランドイメージの変更を図る。ゲームを楽しむ情熱を共有し、文化的な誤解に一緒に立ち向かっていく姿勢を強調。「映画鑑賞はいいけど、ゲームは暇人がするもの」と思われてしまうことが多い環境を変えていくとした。OMENブランドのイメージカラーに明るいグラデーションを採用し、多種多様なゲームの楽しみ方を応援する。9月12日から開催される東京ゲームショウ2019でも、新たなブランドイメージを取り入れたブースで出展するという。

関連記事(外部サイト)